野菜の栄養チャージを青汁がサポートします!

野菜不足の解消に青汁が勧められている理由とは?



我が国日本では、食生活の変化から野菜不足の方が増えています。野菜不足を解消するには、日々の食生活を見直して、野菜を意識して食べることが大切ですが、それが難しい場合のサポートとして頼りにされているのが青汁です。

野菜不足の解消には、他にも野菜ジュースやサプリメント等も有効と言えますが、なぜ青汁が注目されているのでしょうか。

ここでは、野菜不足によって起こる健康リスクを知り、野菜不足の解消に青汁が勧められている理由についてご説明したいと思います。


現代人の野菜不足は深刻化している・・・



長期的な野菜不足は、体だけでなく心にも大きな影響を及ぼすことをご存知でしょうか?ここでは、体と心から見た野菜不足による影響について見ていきましょう。

体への影響は?

野菜不足によって、体には以下のような症状が引き起こされます。


■便秘になる・・・

野菜不足による影響で最も顕著に表れるのが「便秘」です。食物繊維が足りないと便秘になりやすくなります。

便秘でお腹が張って苦しい・・・というような経験なら誰しも一度はありますよね。しかし、便秘の状態を放っておくと、肌荒れ・疲労感・アレルギーの発症など様々な症状を引き起こし、さらには動脈硬化や大腸がんなど重篤な病気に発展する可能性もあります。


■肌が荒れる・・・

皮膚細胞の生成に深く関係するビタミン類の不足は、肌に多大な影響をもたらします。

また、便秘になることで、腸内では有害物質が発生し、悪玉菌が増殖して腸内環境を悪化させます。腸と肌は関係が深いもので、腸内環境が悪くなると、ニキビなどの肌荒れが起こりやすくなります。


■太りやすくなる・・・



便秘は血行不良をも引き起こします。血行が悪いと、体内の代謝機能が低下しますので、痩せにくい体質になってしまうでしょう。


■風邪をひきやすくなる・・・

ビタミン・ミネラルが不足することで、免疫力が低下します。免疫力が低下してしまうと風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなってしまいます。


■骨がもろくなる・・・

骨の成長に必要なのはカルシウムですが、その調整に欠かせないのがビタミンDです。これら栄養が不足してしまうと、骨粗しょう症にかかりやすくなったり、子供の場合は歯や骨の成長に影響を来すこともあります。


■脳や心臓、血管障害を起こしやすくなる・・・

塩分の排出に関わってくるのがカリウムです。カリウムが不足すると塩分が体内に溜まり、高血圧を引き起こします。高血圧になると動脈硬化を起こし、脳卒中や心臓病などの命に関わる病気を患うリスクが高まります。

心への影響は?



野菜が足りないことで、心にも以下のような影響があると言われています。


■情緒不安定になる・・・

野菜不足によってもたらされる便秘は、自律神経の乱れをも引き起こし、不安定な精神状態を招きます。

また、副腎皮質ホルモンと似た働きをするビタミンが不足することで、脳の働きが鈍くなってしまいます。その為、ちょっとしたことでイライラしたり感情的になるなど、情緒不安定になることもあります。


■精神的な病気にかかりやすくなる・・・

野菜には葉酸が多く含まれていますが、この葉酸には精神を安定させる効果があるといいます。ですから、葉酸が不足してしまうことで、うつ病などの精神的な病気にかかる可能性が高くなると言えます。


以上のように、野菜不足がもたらす影響は想像以上に大きいものがあります。

ここまでのまとめ

  • 洋食文化が盛んになり、野菜を食べる機会が減少してしまった。
  • 野菜には、健康に欠かせない栄養素がたくさん含まれている。
  • 野菜不足による影響で最も代表的なのが便秘。
  • たかが便秘でも、動脈硬化やガンと言った命に関わる病気に繋がる可能性も。
  • 野菜不足は、体全般の不調の他、精神的な病気にかかりやすくなる。


野菜不足の解消に青汁が勧められている4つの理由



健康を維持するために野菜が必要であることはご理解いただけたかと思います。

では、そんな野菜不足を解消するために、なぜ「青汁」が勧められているのか、その理由について次でご紹介いたします。

1.栄養(ビタミン・ミネラル・食物繊維)がバランスよく含まれている

青汁は基本的に、野菜特有のビタミン・ミネラル・食物繊維がバランス良く含まれているものですが、具体的にはどのくらい摂取できるのか?と、疑問に思いますよね。

たとえば大麦若葉を主原料としたあるメーカーの青汁はビタミンが豊富で、1杯でホウレンソウの約5株分のビタミンB6と、ピーマン約27個分の葉酸を摂取することができます


ホウレンソウを1日5株を食べるなんて絶対に無理な話ですし、何よりホウレンソウには腎結石の原因となるシュウ酸を多く含んでいることから食べ過ぎに注意しなくてはならない野菜の一つなんです。

また、妊婦さんに欠かせない葉酸が多く含まれる食べ物には、ピーマンの他に鶏レバーや豚レバーなどが挙げられますが、これら動物性の食材には妊娠中の過剰摂取は避けたいビタミンAも豊富に含まれております。

葉酸を摂ろうとレバーを沢山食べてしまうと、同時に多くのビタミンAも摂ることになってしまい、赤ちゃんに悪影響を来すことがあります。


このように、食べ物には沢山欲しい栄養素と適量で十分な栄養素が共存しているため、闇雲に野菜を食べていると、栄養面で思わぬ偏りが生じてしまいます。

青汁は、体に不足しがちな栄養がバランス良く含まれているため、栄養が偏る心配もなく効率よく摂取することができます。

2.糖質やカロリーがない分、ヘルシーである

青汁にも甘味料が加えられ、飲みやすいように加工された商品もありますが、より健康効果を高めるために糖質を完全にカットした商品もあります。

とは言え、緑茶や抹茶を加えて飲みやすくなるようにきちんと工夫されていますので、野菜が嫌いという方でも安心して頂くことができます。糖質が加えられていない青汁を選べば、より健康的でダイエットにもうれしい飲み物として毎日の生活をサポートしてくれるでしょう。

3.青汁の原材料特有の健康成分が摂取できる



青汁に使用される原料には、他の野菜では見かけない健康成分が含まれています。


たとえば、明日葉の特有成分には「カルコン」や「クマリン」があります。

カルコンとは、ポリフェノールの一種で、脂肪燃焼機能を高める「アディポネクチン」の増加をサポートすることから”抗メタボリックシンドロームホルモン”と呼ばれています。また、血糖値を下げる働きがあるため、生活習慣病の予防にも役立つ健康成分です。

クマリンとは、こちらも抗酸化作用のあるポリフェノールに分類される香り成分です。抗菌作用はじめ、血液をサラサラにしたり、むくみを予防・解消する効果があるとされています。


そして大麦若葉の特有成分には「SOD酵素」があります。

SOD酵素は、強力な抗酸化パワーを持つ酵素のひとつです。抗酸化成分であるSOD酵素は、体をサビ付かせ、老化や病気の発生リスクを高める活性酸素を除去する働きがあります。

健康のためにも積極的に取り入れたいSOD酵素ですが、食事からは摂取しにくい貴重な健康成分であるため、青汁からの摂取が求められます。

4.無理なく飲めるよう、アレンジ性が高い

青汁は、その独特の色味から「まずそう」なイメージが付きまといますが、実際飲んでみれば意外とイケちゃうもの。しかし、味には人それぞれ好みがありますから「飲みにくい・・・」と感じる方がいるのもやはり事実です。

そんな方のために、青汁には美味しく飲めるように様々なレシピが存在します。

たとえば、牛乳割り。青汁を牛乳で混ぜて飲むだけという簡単なものです。牛乳のマイルドさが加わることで、独特の風味が抑えられ、抹茶ラテのような感覚でいただける青汁もあります。甘さが欲しければ、少しはちみつをプラスすると良いでしょう。

同時にカルシウムも摂取できますので、青汁に抵抗がある方にもぜひおすすめしたい飲み方です。


また、酸味のある柑橘系ジュースで割ると、青臭さがなくなり、フルーティーなジュース感覚で飲めますよ。ただ、ジュースの糖分が加わりますので、その点については注意してください。


いかがでしたでしょうか。

青汁は野菜不足の解消に役立って、美容や健康にうれしい働きをもたらしてくれます。仕事が不規則で野菜が思うように食べられていないと感じる方は、あくまでも栄養のサポートを目的として、毎日1杯の青汁を飲んでみてくださいね。

 青汁のおすすめ人気ランキング