青汁の健康への働きはこんなにいっぱいある!

青汁の健康への働きはこんなにいっぱいある!



毎日の食事は、外食やファストフード、インスタント食品が多く、栄養不足に陥りながらも自分では気づいていない人は大勢います。

体のちょっとした不調も、栄養不足が続くことで大きな病気を引きおこす可能性は十分にありますので、いつまでも元気な体で過ごすためには日ごろから必要な栄養を補うことが大切です。


青汁は、現代人に不足しがちなビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。食事にプラスして青汁を飲むことで、1日に必要な栄養素をしっかりとチャージできますので、私たちの身体には様々なうれしい健康効果がもたらされますよ。

ここでは、青汁を飲むことで期待できる健康効果について簡単に紹介いたします。


青汁の健康効果



・便秘の解消・予防
青汁には食物繊維が豊富に含まれていますので、便秘の解消に効果的です。お薬とは異なり、食物繊維の力で食事と同様に自然な排便を促します。


・高血圧の予防
生活習慣病の中でも最も多いとされるのが高血圧です。青汁は、ナトリウムの排出を促進するカリウムが豊富ですので、血液中の塩分濃度を抑え、高血圧を緩和・抑制します。


・糖尿病の予防
青汁に含まれる食物繊維やポリフェノールには、血糖値の上昇を下げる働きがあります。そのため、青汁を長く飲み続けることで、糖尿病の予防はもちろん解消に繋がるでしょう。


・内臓脂肪型肥満の予防
通称、メタボリックシンドロームは、内臓周りに脂肪が集中した状態を言い、生活習慣病のリスクを高めます。青汁には、脂肪の吸収を抑えたり、代謝を促す働きがありますので、メタボを予防し解消に導きます。


・アレルギー症状の緩和
腸には免疫機能を司る細胞が存在していますので、食物繊維の力で便秘が解消されると免疫力が高まり、花粉などのアレルゲンの侵入をブロックし、アレルギー症状を緩和してくれます。


・アトピー性皮膚炎の緩和
免疫力がアップすることに加え、豊富なビタミン類によって皮膚や粘膜が丈夫になり、かゆみや炎症など皮膚トラブルが起こりやすい体質を改善していきます。


・口臭予防
青汁で使用される原料には、緑野菜や植物特有のクロロフィルが含まれています。クロロフィルには殺菌・消臭作用がありますので、青汁は口臭予防にも効果的です。


・冷え性の改善・生理痛の緩和
青汁には血行促進効果があり、体内の血流が良くなることで冷え性が改善されます。そのため、冷えから悪化する生理痛の緩和にも効果的です。ビタミンやミネラルにはホルモンバランスを整える働きがありますので、生理不順の方にも有効だと言えます。


・認知症の予防
葉酸をはじめとするビタミンB群には、認知症の予防にも有効であることが研究によって明らかにされています。また、青汁の血行促進効果から、脳血管の異常が原因である認知症の予防にも期待できます。


下記では、青汁の健康効果に関する記事をまとめています。上記で紹介したテーマについても、さらに詳しい内容をチェックすることができますので、こちらも合わせて参考にしてくださいね。


青汁の健康効果の関連記事



自分にあった青汁を選ぶには?



現在、青汁は様々なメーカーから沢山の種類が販売されていますが「どれを選んでも健康に良いんでしょ」と、思っている方も多いのではないでしょうか。

青汁は原材料によって栄養価は変わってきますので、期待できる健康効果も微妙に異なります。そのため、それぞれの特徴を理解し、自分の体にマッチした青汁を選ぶ必要がありますよ。

「ケール」青汁がおすすめなのはこんな人!



ケールは、野菜の王様と称されるほど栄養価が高いことで知られています。特に、抗酸化成分であるビタミンCやアントシアニンなどが豊富で、活性酸素吸収パワーは野菜の中でもダントツです。

また、視覚機能の正常化に欠かせないルテインや、骨や血液など体のベースを作るのに重要なカルシウム、若返りを促すメラトニンなど他の原材料にはない成分も豊富に含まれています。

そのため、視力の低下が気になる方や、成長盛りのお子さん、不眠症でお悩みの方たちに嬉しい効果が期待できると言えます。

また、ビタミンU(キャベジン)には、胃腸の粘膜を保護する働きがあるため、お酒をたくさん飲まれる方や二日酔いに悩まされている方にもおすすめできるでしょう。


ただ、ケールそのものは野菜特有の苦味やエグ味が強烈ですので、青汁に加工されても独特のクセはある程度残ってしまいます。そのため、ケールのみを主原料としたものは、青汁初心者の方にはあまりおすすめできません。

ケール以外の野菜が複数配合されている青汁であれば、飲みやすい上にケールの栄養をしっかりと摂取することができますよ。

最近は、甘味が加えられてお子さんでも飲みやすい商品が増えてきましたので、味が気になるという方はその点をチェックして選んでみると良いでしょう。

「大麦若葉」青汁がおすすめなのはこんな人!



大麦若葉は、ケールと並んで最も代表的な青汁の原材料です。ケールと同様に、ビタミン、ミネラル、食物繊維がバランス良く含まれており、その優れた栄養価が魅力です。

大麦若葉の大きな特徴は「SOD酵素」が摂れることです。私たちの身体は約60兆個の細胞でできていますが、活性酸素などにより細胞が傷つけられることでがんなどの大きな病気を引き起こします。


SOD酵素には強力な抗酸化作用があり、細胞の酸化を防ぐことができます。そのため、老化を食い止め、動脈硬化や高血圧、糖尿病などの生活習慣病からがんの予防効果を期待することができます。

さらに、新陳代謝が促されることで皮膚のターンオーバーが整いますので、シミやそばかす、ニキビ跡など肌トラブルの予防や改善に効果的です。

また、大麦若葉には免疫力を高めるβ-カロテン(=体内に入るとビタミンAに変わる)も多く含んでいますので、ウイルスの侵入を防ぎ、風邪やインフルエンザなど感染病に負けない強い身体を作ります。


大麦若葉は植物ですので、野菜のようにクセはほとんどありません。そのため、大麦若葉を主原料とした青汁は、野菜嫌いな方でも非常に飲みやすい味わいで老若男女に人気があります。

「桑の葉」青汁がおすすめなのはこんな人!



桑の葉は、緑色植物の中でも優れた薬効があることから、古来中国では不老長寿の妙薬として利用されていたと言います。

桑の葉には、亜鉛やカリウム、カルシウムなど、現代人に不足しがちなミネラルが豊富に含まれています。カリウムは利尿作用が高く、体にたまった老廃物を排出する働きがあります。


このデトックス効果によってむくみが解消されたり、加えて代謝が上がることでダイエット効果を高めることができます。桑の葉には、カロリーの過剰摂取を抑える働くもありますので、生活習慣病の引き金にもなる内臓脂肪型肥満を予防します。

また、インスリンの分泌を促したり、ブドウ糖の吸収を抑制するデオキシノジリマイシンという成分が含まれているため、血糖値の上昇を防ぎ糖尿病の予防・改善に有効であることが研究によってわかっています。


桑の葉は、他の青汁原材料に比べて、糖尿病の予防やダイエット効果などに特化した効能があると言えます。健康診断で血糖値や肥満で引っかかった人、美容のために効率良く痩せたい!という方におすすめです。

消臭・殺菌作用のあるクロロフィルも含まれているので、お茶のようにさっぱりとした口当たりも魅力ですよ。


健康のために青汁を。結局のところどれが人気なの?



いかがでしたでしょうか。

青汁の健康効果・効能をいち早く実感したいとお考えの方は、原材料の特徴を踏まえた上で自分にあった青汁を選ぶことが大切です。味もそれぞれ異なりますので、カロリーを気にしつつ、毎日続けられる飲みやすい青汁を見つけましょう。

下記では、ケールや大麦若葉、桑の葉を主原料とした人気の青汁を紹介しています。口コミの評判も上々で初心者の方でもチャレンジしやすい味や価格が魅力です。ぜひ参考にしてくださいね。

 青汁のおすすめ人気ランキング