青汁の原料「長命草(ちょうめいそう)」ってどんな植物なの?

青汁の原料「長命草(ちょうめいそう)」ってどんな植物なの?



青汁を選ぶポイントとして原料を重要視している方が多いと思います。

青汁の主原料というとケールや大麦若葉などが代表的ですが、栄養価をさらに高めるために様々な植物・野菜がブレンドされているものも最近では増えてきました。

そのひとつであるのが「長命草」です。長命草と聞いてもピンとくる方は少ないと思いますが、美肌やダイエットなど女性に嬉しい栄養が沢山詰まっていることから、化粧品メーカーも注目している植物です。

ここでは、そんな長命草について掘り下げて見ていきたいと思います。


長命草(ちょうめいそう)ってどんな植物なの?



長命草(ちょうめいそう)とは、長寿の島、沖縄県で自生するセリ科カワラボウフウ属の植物です。沖縄本島では「サクナ」、和名は「ボタンボウフウ」と呼ばれており、葉が牡丹のような形をしていることからその名がつけられました。

温暖な気候の中、太陽の光をたっぷり浴びて育つ長命草は、1株食べると1日長生きすると言われているほど強い生命力と豊富な栄養を備えている植物で、沖縄では古くから健康食材として親しまれています。


セリ科の植物というと、パセリや明日葉、セロリにフェンネルなど、独特で強い香りを持つものが多くあります。長命草も例外ではなく、明日葉よりも強い芳香と苦味を放ち、しっかりとした繊維質が含まれていることから苦手な食材として挙げる人は少なくありません。

高い抗酸化作用や、血行促進作用、デトックス作用があることから、健康はもちろん美容やダイエットに嬉しい食材として、大手美容メーカーや製薬会社が商品開発に乗り出してきています。


長命草の栄養素は?


ポリフェノール

・イソサミジン
イソサミジンは長命草特有の成分です。イソサミジンは、排尿機能を改善する働きがある成分で、残尿感を解消したり、頻尿を予防する効果が期待されています。

また、血管拡張作用があるため、血行が促され、むくみや冷えなどの女性に多い体質トラブルの改善に役立ちます。血流の改善は、中高年が注意したい動脈硬化や高血圧の予防にも繋がります。

・ルチン
ルチンは健康に良いとして知られる蕎麦にも多く含まれており、血液をサラサラにする作用があるため、動脈硬化の予防や改善に良いとされています。

・クロロゲン酸
クロロゲン酸はコーヒーにも含まれている成分で、高い抗酸化作用があることで知られています。また、脂肪の蓄積や糖の生成を抑制する働きがあります。

・ビスナジン
クロロゲン酸と同様に、抗酸化作用や血行促進作用があるため、代謝の改善やダイエットに嬉しい成分です。

ビタミン類

長命草にはビタミン類が豊富に含まれています。

・ビタミンB群
ビタミンB群にも色々ありますが、長命草にはビタミンB2やビタミンB6などを多く含んでいます。B2、B6には皮脂分泌を調整する働きがあるため、ニキビの予防や改善に有効です。

・ビタミンE
高い抗酸化作用によって、体内に溜まりがちな活性酸素を除去します。活性酸素は、生活習慣病や動脈硬化、がんなどの発生リスクを高める存在として知られており、ビタミンEなどの抗酸化成分がそれら予防に効果的だとされています。

・ビタミンC
ビタミンCは、抗酸化作用に加え、メラニンの生成を抑制するなど、シミの予防に効果的な成分です。健康を維持するのに欠かせないビタミンですが、美肌やアンチエイジングにも有効です。

カロテン

カロテンは、体内に入ると必要な分だけビタミンAに変換されます。ビタミンAは、皮膚や粘膜を丈夫にする働きがあり、視力の維持や角膜の保護など、主に視覚トラブルの予防に役立つ成分です。

ミネラル

鉄分やカルシウムが豊富に含まれているため、女性に多い貧血症状の改善や骨粗しょう症の予防に有効です。

食物繊維

長命草はキャベツの5倍もの食物繊維が含まれていると言います。食物繊維によって排便が促されたり、腸内環境を整える働きがあることから、便秘の予防や解消に役立ちます。

■長命草に含まれる栄養素

栄養素 長命草と他の野菜の比較
ポリフェノール ゴーヤの7倍
ルチン・クロロゲン酸 コーヒーの2倍
鉄分 プルーンの6倍
カルシウム 牛乳の4倍
食物繊維 キャベツの5倍

鉄分やカルシウムの含有量は、同じセリ科の明日葉よりも多く含まれています。また野菜の王様と言われるケールと比べても、ビタミンや食物繊維などの栄養がバランス良く含まれているため、栄養価の高さでは勝るとも劣らないと言えるでしょう。


「長命草」を含む青汁にはどんな効果が期待できる?


生活習慣病の予防効果

活性酸素とは、健康を維持するためにも欠かせない物質ですが、過剰に増えた活性酸素は、細胞にダメージを与え、血管の老化や発がん性物質の発生リスクを高めます。

長命草はビタミンCやビタミンE、ポリフェノールには高い抗酸化作用があるため、ストレスや紫外線による活性酸素の発生を最小限に抑えることができます。長命草を食す沖縄では、ガンの死亡率が低いと言われており、長寿が多いのもうなずけますね。

さらに、血液をサラサラにするルチンや、脂肪や糖の産生に関与するクロロゲン酸を一緒に摂取できますので、肥満や糖尿病などの生活習慣病の予防に大いに役立つと言えます。

頻尿の予防・改善効果

長命草を代表する成分イソサミジンには、排尿をスムーズに促す働きがあるため、頻尿の症状を改善することができます。

頻尿は、夜間にトイレに行きたくなって何度も起きてしまう…など、不眠に繋がる可能性もありますので、頻尿に伴う不眠対策としても長命草の青汁が有効だと言えます。

美肌・アンチエイジング効果

抗酸化作用のあるビタミンEやビタミンCを豊富に含んでいますので、紫外線やストレスなどが原因で発生する活性酸素を抑制し、皮膚細胞の老化にブレーキをかけてくれます。

また、ビタミンCには、メラニン色素の生成を抑えたり、コラーゲンの生成を促す働きがあることから、美白効果をはじめ、肌弾力を高めてシワを予防したり、潤いのある瑞々しい素肌へと導きます。

むくみ解消・ダイエット効果

女性の大敵であるむくみは冷えや血行が悪いことで起こりやすくなります。イソサミジンの血管拡張作用によって血流が良くなりますので、冷えを解消してむくみを予防・改善してくれます。

また、代謝を促すルチンや、脂肪をつきにくくするクロロゲン酸の力で太りにくい体質を目指すことも可能です。

貧血・骨粗しょう症予防効果

青汁の原料の中でも、長命草は鉄分やカルシウムがダントツに多く含まれています。そのため、生理や妊娠・出産に伴う貧血症状の改善や、女性ホルモンの減少で起こりやすい骨粗しょう症の対策としても有効だと言えます。


長命草が入った青汁をお探しの方は・・・



長命草について紹介してきました。長命草は健康だけでなく、肌トラブルや冷え性、むくみなど、女性に多い悩みの解消に役立つ栄養が豊富に含まれていることがお分かりいただけましたでしょうか。

長命草の青汁は、大麦若葉やケールに比べて、商品数はまだまだ少ない現状と言えますが、注目されている原料だけに今後は増えてくることが予想されます。

下記で紹介する青汁にも、長命草を配合した青汁がありますので、ご興味がある方はぜひチェックしてみると良いでしょう。大麦若葉がベースなので、長命草の独特の臭みや苦味は感じられず、非常に飲みやすい仕上がりとなっていますのでおすすめですよ。

「長命草(ちょうめいそう)」ってどんな植物なの?のまとめ

  • 長命草は生命力が強く、栄養満点のセリ科植物
  • セリ科特有の香りや苦味、繊維質がある
  • 抗酸化成分が豊富なことから生活習慣病の予防やアンチエイジングに効果的
  • 長命草青汁は鉄分・カルシウムが豊富なので女性におすすめ!


みんなが選ぶ、青汁の人気ランキング!

神仙桑抹茶ゴールド
神仙桑抹茶ゴールド
デトックス効果の高い桑の葉や緑茶、シモンを主原料としているため、ダイエッターにおすすめの青汁です。青汁らしからぬ、お茶のような渋みのある味わいが特徴です。


黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
自然豊かな北海道原産のクマイザサに、約40種の植物エキスを配合した寒天タイプの青汁です。食物繊維の力ですっきりお腹へ。黒糖風味で味も美味しく、プルンとした食感も楽しめます。

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁
大麦若葉・明日葉・クマザサなどの青汁原料に加え、フルーツ・野菜エキスを配合した飲みやすさ満点の青汁です。すっきりお腹に嬉しい栄養がギュッと詰まっているので、便秘やダイエット中の方におすすめです。