青汁の主原料「ケール」ってどんな野菜なの?

青汁の主原料「ケール」ってどんな野菜なの?



青汁には様々な野菜や植物が使用されており、何を主原料とするかで摂取できる栄養や効果、風味は大きく変わってきます。

青汁の主原料の中でも最も代表的なのが、野菜の王様とも言われる「ケール」です。ケールという名は聞いたことはあっても、スーパーなどで目にしたことがある方は少ないのではないでしょうか。

ケールは、栄養価に優れた野菜ではありますが、ある特徴があることから市場では中々お目にかかれない謎を秘めた野菜でもあるのです。

ここでは、そんな「ケール」の秘密をひもとき、栄養や特徴、青汁における健康効果について紹介したいと思います。


ケールはどんな野菜なの?



大麦若葉と並び青汁の主原料として人気を二分するのが、ケールです。聞いたことはあるけど、ケールってどんな形をしていてどんな味の野菜なのか知らない、という方が多いのではないでしょうか。

ここでは、そんなケールについて簡単にお話致します。

ケールはキャベツの仲間なんです!

ケールはアブラナ科のアブラナ属の植物で、江戸時代にヨーロッパから渡ってきたと言われています。私たちが普段口にしているキャベツやブロッコリー、大根などの野菜は、ケールの品種改良により誕生したものです。

見た目は、濃い緑色とフリルのように葉周りがややカールしている点が特徴的です。温暖な気候であれば1年を通して栽培が可能で、収穫量も非常に多く、キャベツのように秋~冬にかけて甘味が強く出るとされています。


ケールは他の野菜に比べても栄養バランスに優れ、栄養価が非常に高い野菜です。日本では、スーパーなどの野菜売り場でケールを見かける機会はほとんどありませんが、ヨーロッパでは一般的な野菜として料理に利用されています。

なぜ、優れた栄養価にも関わらず、ケールが日本の市場に出回っていないのかと言うと、それはケール独特の味にあります。

ケールの弱点はクセが強烈なこと

ケールは野菜の中でも強烈な青臭さとエグみがあり、決しておいしいとは言えない独特な味をしています。そのため、ホウレンソウやニンジンなどのように緑黄色野菜としての需要はあまりなく、日本では青汁の原料として使用されるのが一般的になっています。

しかし、ケールの青臭さは気になるけど、栄養価の高さから食事に取り入れたいという方は少なくありません。

ケールはコストコなど輸入食材専門店などで入手できますし、ネットで検索すればレシピなども豊富に紹介されていますので、チェックしてみると良いでしょう。春菊の味に似ていて、すき焼きやお味噌汁など和食との相性も良いんだとか。

「まずい!もう一杯!」の正体はケール青汁。

青汁と聞いて「まずい」イメージを思い浮かべてしまうのは、一昔前に青汁ブームを巻き起こしたキューサイのCMの影響ではないでしょうか。青汁を飲んで「まずい!もう一杯!」の一言はとってもインパクトがありましたよね。

実は、このCMで飲まれていた青汁は紛れもなく「ケール」を主原料としたものでした。現在は改良が重ねられ、ケール青汁とは思えないほど飲みやすい商品もたくさん出てきています。


野菜の王様「ケール」に詰まった栄養とは?



ケールはその栄養価の高さから、海外セレブの間でもスーパーフードとして注目を集めています。では、ケールにはどのような栄養が含まれているのか、一つ一つ見ていきましょう。

ビタミン

ケールは、抗酸化作用のあるビタミンCやE、体内に取り込むとビタミンAに変化するβ-カロチンなどのビタミン類が豊富に含まれています。中でも、ビタミンB群の一種である葉酸が多いことから、ケールは妊婦さんにも嬉しい野菜と言えます。

食物繊維

食物繊維には、水溶性のものと不溶性のものがあります。ケールの搾り汁で摂取できるのが水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維には、血糖値の上昇を抑え、コレステロール値の調整を行う働きがあります。

ケールを絞った際に出るカス(=不溶性食物繊)を粉末化した青汁商品もあり、不溶性食物繊維は腸内で水分を吸収して便の排出を促しますので、便秘解消に効果的です。

ルテイン

ルテインは、高い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ケールはじめホウレンソウなど緑色をした野菜に多く含まれています。ルテインは乳房や子宮頸部、眼の水晶体や黄斑部に存在し、これらの機能が正常に働くために重要な役割を担っています。

また、ルテインには光をブロックする働きがあるため、パソコンやスマホなどLEDから発せられる、ブルーライトによる目へのダメージ軽減にも有効だとされています。

カルシウム

カルシウムは、骨や歯を作る子供たちにとって重要な成分です。カルシウムと言うと乳製品に多く含まれているイメージがありますが、実はケールには牛乳の2倍以上の量が含まれています。

植物性カルシウムは動物性に比べて吸収率も高い上、ケールにはカルシウムを骨や歯
へ結びつきを良くするビタミンKも豊富に含まれているため、効率良く骨や歯の健康に繋げることができます。

メラトニン

メラトニンは、脳から分泌される睡眠を促すホルモンです。メラトニンは、年齢を重ねるにつれて減少しますので、不眠症に悩む人が増えてくるのはこの理由も大きく関係しています。

GABA(ギャバ)

GABAは、アミノ酸の一種で、人間の脳内にわずかに存在する成分です。血圧の上昇を防ぐ効果や、精神を安定させる働きがあることから現代のストレス社会において注目されています。

栄養素 ケール
ビタミンC みかんの約2.5倍
ビタミンE にんじんの約5倍
ビタミンB6 もやしの約8倍
葉酸 にんじんの約4倍
食物繊維 キャベツの約3倍
カルシウム 牛乳の約2倍

この他にも、タンパク質やミネラル、クロロフィルなどケールには様々な栄養が含まれています。野菜ひとつでこんなにもバランスよく栄養を摂取できるのは、やはり野菜の王様であるケールの魅力だと言えるでしょう。

しかし、先ほどから述べているようにケールは身近な野菜ではありませんし、万人受けしない独特な味をしていることから、栄養を取り入れるには飲みやすく加工された青汁での摂取が最適です。


ケール青汁の魅力~健康・美容効果はこんなにある!~



毎日ケールの栄養をしっかりと吸収することで、身体には様々な嬉しい効果が期待できますよ。下記ではケール青汁による健康・美容効果について紹介いたします。

目の健康

ケールは、目の健康に欠かせないルテインが豊富に含まれているため、白内障などの眼病予防に有効です。

また、ルテインにはブルーライトや紫外線などのダメージから目を守る働きがあることから「天然のサングラス」と言われており、パソコンやスマホで目を酷使している人や、外仕事が多い人にはケール青汁によるルテイン摂取をお勧めします。

生活習慣病の予防

ケールに含まれる食物繊維には、コレステロール値のコントロールや血糖値の上昇を抑える働きがありますので、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防に効果的です。また、心筋梗塞や脳梗塞に繋がる動脈効果を防ぐ働きも期待できます。

免疫力アップ効果

ケールには、免疫機能を高めるビタミンCや、リブロース-1、オキシゲナーゼという成分が含まれています。免疫力が向上することで、細菌やウイルスなどの侵入を防ぎ、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりにくくなります。

美肌効果

コラーゲンは肌の弾力を保つために必要不可欠な成分ですが、年齢と共に減少してしまいます。ケールには、コラーゲンの生成をサポートするビタミンCが豊富ですので、肌のハリを蘇らせます。

また、抗酸化成分ビタミンEが血行を良くし、新陳代謝を促します。肌のターンオーバーが活性化することで、シミやくすみ、ニキビ跡など様々な肌トラブルの予防・解消効果が期待できます。

ストレスを和らげる

ストレスを感じると大量のビタミンCが消費されてしまいます。ビタミンCが足りていないと、体の不調はもちろん、メンタル面でもダメージを感じやすくなります。ケールに含まれるビタミンCを摂取することによって、ストレスを和らげることができます。

また、気持ちを落ち着かせる働きのあるメラトニンも同時に摂取できますので、ストレスによる影響を受けにくくします。加えて、ケールはカルシウムも豊富ですので、毎日のイライラ解消にも役立つと言えます。


このように、栄養価の高いケールだからこそ期待できる健康・美容効果は様々あります。ケールが入手できない、ケールの苦みが苦手だけど健康のために取り入れたい・・・という方は、ぜひケール青汁を試してみてください。

最近は飲みやすくなるようにハチミツを加えたおいしいケール青汁もあります。大麦若葉のようにすっきりとした味わいとは大きく異なりますが、牛乳や豆乳に混ぜればケールの青臭さも消え、まろやかでとっても飲みやすくなりますのでおすすめですよ。


<青汁の主原料「ケール」ってどんな野菜なの?・まとめ>

  • ケールはその栄養価の高さから野菜の王様と言われている
  • ケールの味はクセがあるため、日本の市場には出回っていない
  • ケールの栄養を摂取するには青汁が最適!
  • ルテインやメラトニンなどケール青汁ならではの健康成分が摂取できる!
  • 豊富なビタミン類やミネラル、食物繊維が健康・美容効果を高める!
  • ハチミツ入りのケール青汁は飲みやすくておすすめ!


みんなが選ぶ、青汁の人気ランキング!

神仙桑抹茶ゴールド
神仙桑抹茶ゴールド
デトックス効果の高い桑の葉や緑茶、シモンを主原料としているため、ダイエッターにおすすめの青汁です。青汁らしからぬ、お茶のような渋みのある味わいが特徴です。


黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
自然豊かな北海道原産のクマイザサに、約40種の植物エキスを配合した寒天タイプの青汁です。食物繊維の力ですっきりお腹へ。黒糖風味で味も美味しく、プルンとした食感も楽しめます。

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁
大麦若葉・明日葉・クマザサなどの青汁原料に加え、フルーツ・野菜エキスを配合した飲みやすさ満点の青汁です。すっきりお腹に嬉しい栄養がギュッと詰まっているので、便秘やダイエット中の方におすすめです。