青汁で気になる口臭を予防できる?

青汁で気になる口臭を予防できる?



髪型にメイク、ファッションなど身だしなみは完璧なのに、お口の中のケアはきちんとできていない人って意外と多くいます。気になる相手の口から悪臭が漂うものなら百年の恋も一気に冷めてしまいますよね。

口臭の予防・対策には様々なアプローチがありますが、そのひとつに青汁があることをご存知でしょうか。青汁を飲むだけでニオイの悩みが解消されるなんて、なかなか信じられませんよね。

ここでは、口臭の原因や対策、青汁による口臭予防についてお話ししたいと思います。


あなたの口臭は大丈夫ですか?



とあるアンケート結果によると、口臭は【日ごろ気になるニオイ】ランキングで堂々の一位に選ばれています。詳しく見てみると、82%の方が他人の口臭を、約78%の方は自分の口臭が気になると回答しています。

中には自分では口臭に気づいていないという人もいます。ヒドい口臭は、不潔な印象を与えますし、周りの人に迷惑をかけてしまいますので、日ごろのオーラルケアを徹底したいものです。


「もしかして私も口臭ある?」と、不安な方は一度袋を使ってチェックしてみましょう。小さ目の袋に息を吹き込み、空気が逃げないようにぎゅっと口をつまみます。30秒ほど経ったら、袋のニオイをかいでみましょう。

しっかりケアしているつもりでも、様々な原因から口臭は発生してしまいます。しかし、ケア次第で改善は可能ですので、その原因を突き止め、自分に合った対策をはかることが大切です。


口臭の原因と対策



口臭の原因は様々あります。ここでは、それぞれの対策についてご紹介いたします。

食べ物

人間誰しも、口の中は多かれ少なかれニオイがあるものです。それに加えて、食事をとったりタバコを吸うことで発生してしまうニオイが生理的口臭です。

よく「デート前は餃子は控えろ!」と言いますが、特に口臭に繋がりやすいのが、ニンニクやネギ、ニラなどの食材です。中でもニンニクは、腸で吸収されると血液中に混じり、体内を巡って肺から吐き出されますので、呼吸することで長い間ニオイが残ります。

また、アルコールも口臭の原因となりますので、飲み会の席は要注意です。ニンニク入りの料理やアルコールは控えるようにしましょう。時すでに遅し・・・という場合は、牛乳を飲んだり、唾液の分泌を促してくれる梅干しやレモンを口にするとニオイが軽減します。

ストレス

ストレスや緊張を感じると、唾液の分泌量が大きく減少します。唾液には、殺菌効果があるため口腔内を清潔に保つことができます。しかし、ストレスによって唾液が不足すると雑菌が繁殖して口臭を発生させやすくします。

唾液を増やすには、気持ちを落ち着かせ自律神経を整えてあげることが大切です。緊張状態にある時は、深呼吸したり飲み物で口の中を潤わせてあげましょう。

また、食べ物を良く噛んで食べたり、口の中で歯をなぞるように舌をぐるぐる回したり、指を使って頬の内側をマッサージしてあげることで唾液の分泌が促され、口臭の発生を抑えてくれます。

歯磨き不足



20代になると歯肉は少しずつですが衰え始め、歯と歯の間の隙間が大きくなって食べカスが詰まりやすくなります。食べカスを放置してしまうと、細菌が増殖して口臭や虫歯の原因になります。

毎日朝版と歯磨きはしているけど、1~2分で済ませてしまっている方も多いのではないでしょうか。しっかりと歯の汚れを取り除くためには、15分かけて磨く必要があると言われています。

食事後は歯ブラシはもちろん、デンタルフロスや歯間ブラシを利用して、こまめに歯の表面や裏面、歯間を入念にケアしてあげることが大切です。デンタルフロスはむやみに使うと歯茎を傷めてしまいますので、クリニックで使い方を指導してもらうと良いですね。

虫歯

長いあいだ口臭で悩んでいる人の多くは虫歯や歯周病が原因だと言われています。虫歯になると、菌によって食われた穴に食べ物のカスが詰まりやすくなります。食べカスは次第に細菌が繁殖して歯垢となり、ニオイを発生させます。

虫歯が進行すると歯の神経にまで影響は及び、腐敗臭が発生することもありますので、虫歯がある方はまずは治療に専念することが大切です。

日本人の7割が虫歯があると言われていますので、歯磨きしているのに口臭が気になる・・・と言う方は、歯医者さんに行って歯のチェックをしてもらいましょう。

歯周病

口臭が強い場合は歯周病を疑う必要があります。

歯周ポケットと言われる歯と歯茎の境目に歯垢が溜まると歯肉炎が起こります。歯肉炎を放置してしまうと、状態は悪化して、歯を磨くだけで出血したり膿が溜まってそこから悪臭が発生します。

歯周病が進行してしまうと、歯がぐらつき抜けてしまうこともあります。歯周病の初期は歯痛がありませんので、悪化するまで気づかないという方も多くいます。口臭対策のためにも歯の健康のためにも早めの段階で気づくことが大切です。

便秘

便秘になると腹痛や肌荒れなど色々な不快な症状が現れますが、口臭や体臭が発生する恐れがあることもご存知でしょうか。女性は体質的に便秘になりやすいとされていますが、いくらケアしても良くならないという場合には便秘が影響しているかもしれません。

便秘というのは、必要ない老廃物や毒素が体内に溜まっていると言う状態です。これらが腸内から放出されることで口臭や体臭が生じてしまいます。

野菜や大豆類、海藻類など食物繊維を多く含む食材を食べたり、乳酸菌を摂取して腸内環境を整えてあげましょう。また、便がコチコチに固まらないよう十分な水分補給も大事です。

運動不足の方は、ウォーキングや軽いジョギングなどで体を動かしてあげることも便秘の解消には重要ですよ。

病気

蓄膿症、扁桃炎など鼻やのどのトラブル、胃炎や胃拡張など胃腸のトラブル、慢性気管支炎など呼吸器トラブル、糖尿病や肝臓病、がんなどの病的原因から口臭を発生させる場合もあります。


青汁は口臭予防に効果的?



青汁は健康に良い飲み物として知られていますが、以下の理由からお口の健康にもうれしい効果を発揮してくれます。

1.青汁に含まれる葉緑素がニオイを軽減する!

青汁は様々な栄養素が含まれていますが、中でも葉緑素の一種である「クロロフィル」には脱臭・消臭・殺菌効果があり、口臭や体臭など気になるニオイを抑える働きがあります。また、葉緑素には高い抗酸化作用がありますので、歯周病はじめ動脈硬化やガンなどの病気の予防にも繋がります。

クロロフィルは消臭効果の高さから、口臭ケアに欠かせない歯磨き粉やガム、エチケットカプセルなどにも用いられています。青汁を飲むことで、口臭はもちろん、脇や足裏など気になる体のニオイや、おならや便のニオイまで軽減してくれますよ。

2.便秘解消でニオイの発生を抑える!

先ほども述べた通り、口臭の原因のひとつに便秘があります。青汁には食物繊維が豊富に含まれていますので、便秘の解消に効果的です。便秘薬とは異なり、青汁は自然に便の排出を促しますので、体への負担もストレスもなくスッキリできるのが嬉しい点です。


このように、青汁は体内にあるニオイの発生源を効率的にブロックすることができますので、口臭や体臭でお悩みの方はひとつ試してみると良いでしょう。

Q.口臭対策におすすめの青汁は?



青汁と一口に言っても使用されている原料はメーカーによって異なります。ダイエットや美容など目的によって選ぶべき青汁は変わってきますので、購入する際は注意しなくてはなりません。

大麦若葉には、先ほど紹介した消臭成分「クロロフィル」や「食物繊維」が多く含まれています。そのため、口臭策として選ぶなら、大麦若葉を主原料とした青汁がおすすめです。


また、自分は大丈夫だけど家族や友達、パートナーの口臭が気になる・・・という方も多いのではないでしょうか。

口臭はとてもデリケートな問題ですので、気になっても指摘できませんよね。もしも身近に口臭が気になる人がいれば、「健康のために飲んでみたら?」と、それとなく青汁を勧めてみると良いかもしれませんね。

下記では口臭対策におすすめの青汁を紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

<青汁で気になる口臭を予防できる?・まとめ>

  • 口臭の原因は様々。改善には、歯の健康チェックから始めましょう!
  • 20代からは歯ブラシ+デンタルフロス、歯間ブラシでのケアを取り入れよう!
  • 女性の場合は便秘解消が口臭改善に効果あり!
  • 青汁には消臭効果が期待できる「クロロフィル」が含まれている!
  • 青汁は便秘の解消にも効果的!
  • ニオイ予防の為にも、歯の健康の為にも青汁の継続がおすすめ!


みんなが選ぶ、青汁の人気ランキング!

神仙桑抹茶ゴールド
神仙桑抹茶ゴールド
デトックス効果の高い桑の葉や緑茶、シモンを主原料としているため、ダイエッターにおすすめの青汁です。青汁らしからぬ、お茶のような渋みのある味わいが特徴です。


黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
自然豊かな北海道原産のクマイザサに、約40種の植物エキスを配合した寒天タイプの青汁です。食物繊維の力ですっきりお腹へ。黒糖風味で味も美味しく、プルンとした食感も楽しめます。

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁
大麦若葉・明日葉・クマザサなどの青汁原料に加え、フルーツ・野菜エキスを配合した飲みやすさ満点の青汁です。すっきりお腹に嬉しい栄養がギュッと詰まっているので、便秘やダイエット中の方におすすめです。