青汁は旅行のおともに最適!

旅行中の便秘対策に、青汁を持っていくべき3つの理由



普段は便通がいいのに、旅行中に限ってなかなか出ない・・・という体験がありませんか?「たまたま調子が悪かっただけかな?」と考えるかもしれませんが、実は普遍的に「旅行中は便秘が起こりやすくなる」傾向が見られるのです。

インターネットでも「旅行でホテルに泊まったりすると、なぜかお腹が張って初日から便秘をしてしまいます。どうしてでしょうか」といった質問が見られます。

楽しいはずの旅行中に、お腹が痛くなったり、体調がすっきりしなくなるのは出来るだけ避けたいですよね。旅行中はどうして便秘になってしまうのか、その理由として考えられるのが、ストレス、便意の我慢、食べ過ぎや飲みすぎ、水分不足、睡眠不足などです。


旅行に行くと便秘になってしまう理由


ストレス

普段の生活とは違う環境、初めて行く場所は、国外でも海外でも新鮮で楽しいものですが、その一方で、自分で感じているより心身は緊張し、ストレスを受けています。枕が変わると眠れない、という話もありますが、これは特別デリケート方に限ったことではありません。

ストレスは自律神経のバランスを不安定にし、脳だけでなくその他の臓器や器官も緊張させます。こうして普段はスムーズに行われる排便の流れが緊張によって阻害され、便秘気味になってしまうのです。

便意の我慢

トイレや座った時の様子がいつもと違うことで、なんとなく落ち着いて排便ができないというケースもありますし、移動中で落ち着いて用を足せそうなトイレがなかなかなかったり、休憩をしづらかったりで、便意を我慢しているうちに大腸の動きが滞ってしまうということもあるでしょう。

食べ過ぎや飲みすぎ

食事は旅の醍醐味のひとつです。行く先々で食べたことのない食材や料理を食べたり、家族や友人と楽しむことでつい食べ過ぎ、飲みすぎてしまったりしがちです。外食ばかりになるため、どうしてもいつもよりたくさん飲み食いするようになります。

間食が増えてしまったり、外国だと食事量の感覚の違いから、一人前を注文しても大量の食事量になってしまうことがあります。

食べ過ぎは胃腸への大きな負担になり、もたれるだけでなく腸内環境が悪化して、便秘になったり、逆に下痢を起こしたり、これを繰り返してしまう「痙攣性便秘」になってしまうことも。

水分不足

その一方で、水分不足で便秘が引き起こされるケースもあります。旅行によっては飲料水を携帯しない場合もありますよね。

水分を摂っているつもりでも、アルコールやコーヒー、お茶などでは利尿作用が強く、体内では水分不足になることがあります。これでは便が固くなってしまいます。

睡眠不足

旅行中の生活リズムは普段の生活とは全く違ってきますよね。朝早く起きて夜遅くまで起きていて、睡眠時間も短くなりがちです。

大腸は心身がリラックスしているとき、つまり就寝時にその動きが活発になります。睡眠時間が少なくなれば腸の活動量が低下し、スムーズな排便が難しくなります。

「初めての海外で便秘で悩んだので、次はオリゴ糖を持っていって旅先で飲んだけど、全く効果がなくお腹がパンパンに張ってしまいました」という体験談もあります。慣れない土地や食事での便秘は、かなり手ごわいということが分かりますね。

    旅先で便秘が起こりやすい原因は・・・
  • 普段と違う環境でのストレス 
  • トイレが違う 
  • 排便を我慢してしまう
  • 暴飲暴食
  • 給水不足
  • 睡眠不足


旅行中の便秘対策に青汁がおすすめ、その3つの理由


1.野菜不足を補える

自宅で食事をするときには、「野菜が足りないな」と感じれば煮物やサラダをプラスするなどの工夫ができますが、旅行先ではそういった調整が難しくなります。

特に海外では、生水を飲むのは危ない、という注意点がありますよね。そのような土地で、健康を考えて生野菜を食べると、野菜を洗った水のせいでお腹を壊してしまうケースが見られます。

せっかくの休暇中にホテルで休まなければならないのは辛いものですし、病院で見てもらわなければならない事態にまでなれば、なお大変です。

青汁は野菜不足解消のために作られた健康補助食品であり、健康や美容に必要な野菜の栄養がギュッと凝縮されているため、野菜が不足しがちな旅行中の食事にプラスするのにうってつけと言えます。

2.旅行中の便秘予防になる

便秘の方が意識して摂りたい栄養といえば、なんといっても食物繊維です。青汁には豊富な食物繊維が含まれているため、飲むことで腸内環境のバランスが改善し、旅先でも便秘の予防・対策効果が期待できます。

このように直接的に便秘に働きかける栄養だけでなく、青汁には、便秘の要因となるストレス緩和をサポートするビタミンやミネラル、ホルモン分泌を助けるパントテン酸が含まれるほか、ケールを主成分にする商品では質のいい睡眠に欠かせないメラトニンが含まれています。

青汁には、これらの総合的な便秘解消効果も期待できます。


ただし含まれる栄養の種類や量、食物繊維の不溶性・水溶性といった種類は、商品で使用する野菜や製造工程によって異なります。ごく稀なケースですが、不溶性食物繊維が多い場合に逆に便秘になってしまったというケースがあります。

体質と商品の相性、体質的な腸の運動性など、影響する要因はいくつかありますが、せっかくの旅を万全の体調で過ごすためにも、旅行の前に、青汁が体に合うかどうか試しておくと安心です。

3.旅先で持ち歩ける



旅先での青汁が推奨される大きな理由の一つが、その「携帯性」です。旅先では出来るだけ動きやすいように身軽でいたいものですが、スティックタイプの青汁ならカバンやポケットに入れて簡単に持ち歩くことが可能です。

旅先でペットボトルのミネラルウォーターを購入し、青汁ひと袋分の水(大体200ml程度)に粉末を入れ、蓋をしてシェイクすれば、出先でも簡単に青汁を作って飲むことができます。


国によって、料理に使う食材や調味料、さらには味覚も大きく異なり、外国の料理は、日本人にとって味が濃く感じられることが多いといいます。青汁には、そんな後味をサッパリとさせてくれる効果も期待できます。

海外へ持ち込むのにも、粉末タイプであれば問題ないですし、日数分入れてもスーツケースのなかで場所をとる心配もありません。万が一税関で質問を受けたときには、「Powder drink」「Green leaf juice」と回答します。


旅行中の便秘の予防法いろいろ



日本人の平均的な食物繊維摂取量は推奨量に足りておらず、女性の2人に1人が便秘という報告や、調査上は少なくとも670万人が便秘で悩んでいる、推定で日本には1000万人の便秘症患者がいるのではないか、といった意見もあります。

多くの方にとって、旅行中でなくても青汁の豊富な栄養は嬉しいものです。普段から青汁を飲んで腸を整えておけば、旅先でもいつもと同じように服用し、便秘の予防策とすることができます。


さらにそのほかにも、旅行中の便秘予防のためにできることがいくつかあります。先述した「旅先での便秘の原因」への対策が、予防の基本となっています。

新しい場所や体験、慣れないトイレへのストレスを減らすことは難しいですが、そのほかに出来る対策を紹介していきます。

・野菜多めの食事を
食べ過ぎ、飲みすぎにはできるだけ注意し、ビュッフェでの食事なら、肉類だけでなく野菜も上手に取り入れるようにしましょう。

・早寝早起きを心がける
楽しいからといって夜遅くまで起きているのではなく、翌日の起床時間から逆算して睡眠時間を確保するようにします。これは便秘予防のためだけでなく、旅を最後まで楽しむためにも重要な工夫です。

・トイレに行く習慣をつける
そして便意を我慢しないことが大切です。同行している人のことを考えてトイレを我慢するのは止め、したいと思った時に済ませておくことが、のちの便秘予防へとつながります。食事をしたらトイレに行く、と決めておくのもいいですね。

・こまめな水分補給を
気がついたら水分をほとんど摂っていなかった・・・ということのないよう、できればこめまな給水を心がけましょう。利尿作用で水分を排出してしまうお茶やコーヒー、アルコールよりも、水やココア、甘酒などを選ぶようにします。

・マッサージも効果的
お腹が張っているのを感じたら、入浴中や就寝前などのリラックス時にお腹をマッサージしてみるのもいいですね。マッサージは、人差し指、中指、薬指の腹を使って、優しく行いましょう。

便秘解消マッサージのやり方



①仰向けに寝転び、おへその周りを時計回り(右回り)にゆっくりと3回撫でます。(コリが強い時は多めに)

②お腹を思い切り凹ませて違和感のある部分(こっている部分)に手を当て、少し強めに、小さい円を描くようにマッサージ。コリをほぐす感じで、違和感がなくなるまで行います。右側の場合には押し上げるように、左側の場合は押し下げるようにするのがポイントです。

③おへその下から恥骨あたりへ、押し流すようにマッサージする。右側→中心→左側の3箇所を1セットとして、3回繰り返します。


このように、旅先で「便秘になりそうかも」と感じるときにやれること、気をつけられることがありますが、プラスして青汁のサポートも得られればより安心です。

ロケをする機会の多い芸能人では「必ず青汁を持って行って野菜不足を解消している」という方もいるそうです。

青汁を試してみたいけどどの商品がいいのか迷う時には、青汁ランキングのサイトを参考にすることをおすすめします。人気の商品を比較しながら選ぶことができ、どんな青汁が良いのかイメージするのに役立ちますよ。

<旅行中の便秘対策に、青汁を持っていくべき3つの理由・まとめ>

  • 普段と違う環境へのストレスや食事、生活リズムの変化などで便秘になりやすい
  • 旅行中の野菜不足解消に青汁がいい
  • 便秘に直接的、間接的に働きかける栄養が含まれている
  • ペットボトルで簡単に作れ、携帯性に優れている
  • 野菜や水分を摂る、睡眠時間の確保、マッサージなどできることをする


みんなが選ぶ、青汁の人気ランキング!

神仙桑抹茶ゴールド
神仙桑抹茶ゴールド
デトックス効果の高い桑の葉や緑茶、シモンを主原料としているため、ダイエッターにおすすめの青汁です。青汁らしからぬ、お茶のような渋みのある味わいが特徴です。


黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
自然豊かな北海道原産のクマイザサに、約40種の植物エキスを配合した寒天タイプの青汁です。食物繊維の力ですっきりお腹へ。黒糖風味で味も美味しく、プルンとした食感も楽しめます。

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁
大麦若葉・明日葉・クマザサなどの青汁原料に加え、フルーツ・野菜エキスを配合した飲みやすさ満点の青汁です。すっきりお腹に嬉しい栄養がギュッと詰まっているので、便秘やダイエット中の方におすすめです。