青汁が薄毛や抜け毛に良い理由とは?

薄毛・抜け毛の予防・改善に青汁が良い?



頭髪が薄くなったり禿げ上がっていくことは決して珍しいことではなく、自分自身がそうでなくても家族、友人に薄毛で悩む人がいる、という方は多いと思います。

日本人男性では3人に1人が悩み、さらに女性でも薄毛を気にする方が増えていると言われています。ヘアウィッグや植毛、育毛剤などのCMがよく目につき、ドラッグストアでも関連商品が多く扱われ、その需要の高さが伺えます。

多くの方が気にする「薄毛・抜け毛」はどのようにして起こるものなのか、その理由を確認していきましょう。


薄毛・抜け毛はなぜ起きる?



頭髪はそもそも、日差しや外気の刺激、外部からの衝撃などから、大切な頭部を保護するために存在しています。ずっと同じ毛が伸び続けているように感じるかもしれませんが、実は全ての体毛は、発毛~成長~脱毛の「ヘアサイクル」を繰り返すことで、一定期間で新しく生え変わっているのです。

発毛した髪が成長を続け、その成長が停止するまでの期間は「成長期」と呼ばれ、一般的には2~6年程度続きます。続いての「移行期」は、成長期から休止期までの約2週間です。やがて毛根が成長期の半分程度になり、じきに退化して脱毛する「休止期」が3ヶ月間あり、その後再び発毛が訪れます。

生えている毛髪のほとんど、85~90%は成長期に当たり、続いて多いのが9~14%の休止期で、移行期の髪は1%程度です。


薄毛とは


薄毛のパターンは二種類あり

薄毛は、毛が抜けているわけではなく細くなることで毛量が減ったように見えるケースと、実際に抜け毛が増加して毛量が減少しているケースとがあります。健康な髪でも1日に50~100本程度抜けることは普通なので、1日150本以上も脱毛し続ける場合に、薄毛であると判断されます。

薄毛の原因

薄毛の原因は確実に突き止められているわけではありませんが、推定されるものはいくつかあり、複数の原因が当てはまるケースも多いと思われます。

まずは「血行不良」です。毛乳頭の血管の流れが滞ってしまうと、髪に十分な栄養が運ばれず成長が鈍って脱毛します。この血行不良は、心身の成長にともなって頭皮が引っ張られ、その結果血管が圧迫されて起こっているケースもあります。


「男性ホルモンの影響」も多く見られます。男性ホルモン量の変化によって毛乳頭細胞の分裂が抑制され、抜け毛につながります。地肌の皮脂が過剰になる「脂漏」では、毛穴が詰まり炎症が起こって、やはり髪の成長が妨げられます。

これらの原因をもたらすものとして、加齢による変化のほか、遺伝によるもの、食生活や生活習慣、ストレスなどの影響が考えられています。


脱毛症とは



脱毛症の種類を見てみましょう。

男性の薄毛症状で主となるのが「男性型(壮年性)脱毛症」であり、AGAとも呼ばれます。男性ホルモンの影響によりヘアサイクルの成長期が短くなり、毛根は小さく、毛髪が細く短くなってしまう「軟毛化」が進んで、薄毛・抜け毛に至ります。

男性ホルモンの影響ではあるものの、このような薄毛にならない男性もいます。これは遺伝のほか、ストレス量や食習慣・生活習慣も大きく影響しているためです。毛髪は薄く、ヒゲや陰毛は濃くなるのが特徴的です。早ければ20代から薄毛になっていく方もいます。


多くの場合、AGAの薄毛・抜け毛は前頭部、頭頂部から進んでいきます。そのほか生え際が後退するパターン、頭頂部が薄くなるパターン、これらが組み合わさったパターンなどが見られます。

見分け方として、頭皮・顔が脂っぽい、毛が細く柔らかくなった、抜け毛が細く短い、といった点に心当たりがある場合には、AGAを疑ったほうが良いでしょう。


女性の薄毛の多くは「びまん性脱毛症」と言われるものです。中年以降の女性に見られ、加齢やホルモンバランスの乱れ、過剰なダイエットや誤ったヘアケアによって、毛髪の成長期が短縮化、軟毛化して起こります。部分的でなく頭髪全体が薄くなっていくのが特徴です。

出産を経験した女性の多くが「分娩後脱毛」になりますが、これは産後のホルモンバランスによるもので、一時的な症状であるため心配ありません。


そのほか、ストレスや自己免疫によって、コインのような形にはげてしまう「円形脱毛症」、皮脂やフケの異常な増加による炎症が原因の「粃糠(ひこう)性(脂漏性)脱毛症」、時には無自覚に、癖として頭髪を引き抜いてしまう「抜毛症」などがあります。

疾患による症状の一つとして脱毛が起こることもあります。甲状腺機能亢進症や膠原病、栄養障害、代謝障害の症状として見られるほか、抗がん剤による副作用でも脱毛が起こります。

    <ここまでのまとめ>
  • 髪は成長期、移行期、休止期のヘアサイクルを繰り返している
  • 毛髪が細く短くなるケースと抜けるケースがある
  • 原因として血行不良、男性ホルモン変化、脂漏などがある
  • 影響するのは加齢、遺伝、食事、生活習慣、ストレスなど
  • 男性に多い薄毛であるAGAは20代で発症する方も
  • 女性の薄毛は全体に髪が薄くなる
  • ストレスや免疫、フケや疾患の症状としての脱毛もある


薄毛・抜け毛の予防・改善には、まずは食生活の見直しから



毎日何気なく口に運んでいる食事、そしてそこから摂り入れる栄養で、私たちの体は作られています。薄毛・抜け毛に影響するものの一つにも、食習慣が挙げられます。

日本では、20年前に比べ薄毛に悩む方が2倍近くに増えている、というデータがあります。20年前と現代では、気候などの環境変化もありますが、何より変化しているのは食事の内容ではないでしょうか。

コンビニのお弁当や豊富なインスタント食品、バラエティに富んだ外食など、便利であるものの、脂質が多く野菜が少ないなど、栄養の偏った食事機会が増えています。このことが薄毛増加に影響していると考えられます。

つまり、栄養バランスのとれた食事、さらには頭髪に必要な栄養を補える食事を心がけることが、薄毛予防対策となっていきます。

頭皮の健康のためにも青汁がおすすめ!



野菜不足を感じて体のために「青汁」を飲む方は多いですが、頭髪の健康に対しても、青汁の栄養価が期待できます。青汁は飲むだけで豊富な栄養分をとりいれることができ、スティックタイプのものなど外出先での持ち歩きが便利な商品が多いのも嬉しいですね。

同じ青汁商品でも、メーカーによって選ばれている野菜は様々です。主なものではケールや明日葉、大麦若葉などがあり、それぞれに風味や飲みやすさが違っていますが、頭髪によい栄養がどのぐらい入っているかを基準に選んでみてはどうでしょうか。

青汁に含まれることの多い栄養で髪に嬉しいものとして、ビタミンC、βカロテン、食物繊維が挙げられます。

・ビタミンC
ビタミンCといえば抗酸化作用が有名ですよね。この抗酸化作用や、頭皮・毛根の細胞を強くする作用、髪の生成に欠かせない亜鉛の吸収を助ける作用から、ビタミンCの育毛への効果が期待できます。1日の推奨摂取量の約8割を、100g相当のケールから摂ることが可能です。

・βカロテン
βカロテンを体内に摂取すると、必要な分だけがビタミンAへと変換されます。ビタミンAは細胞分裂を促すことで、健康な毛髪、頭皮を維持するのに役立ちます。

・食物繊維
薄毛の大きな要因である血行・脂分への効果を期待できるのが、食物繊維です。血液中の脂分を吸収して血液の流れを良くし、頭皮の皮脂量増加を抑制します。

・メラトニン
「髪は夜つくられる」という言葉を聞いたことがありませんか?その通り、毛髪は睡眠中に分泌される成長ホルモンの作用によって、健康に成長していきます。そのため薄毛予防には質の良い十分な睡眠が欠かせません。

睡眠と青汁とを結びつけるのは、脳から分泌されている睡眠ホルモン「メラトニン」です。メラトニンは、大麦若葉やカイワレ、そして特にケールに多く含まれています。

高齢になるほど寝つきが悪くなったり朝早くに目が覚めてしまうことが多いものですが、これは体内のメラトニン量が年とともに減少していくため。青汁を飲むことでの健康・美容効果は、睡眠の質を良くし、さらには髪の健康にもつながっていきます。

・亜鉛
AGAの予防法を調べてみると、「亜鉛がいい」という意見があります。確かに髪の成長、男性ホルモンの維持に対し亜鉛は効果的ですが、亜鉛だけ摂取していれば大丈夫とは言えません。代謝や毛細血管の健康に欠かせないビタミン群がなければ、せっかくの亜鉛の働きを活かすことができません。

■髪・頭皮に良い栄養素まとめ

特徴 多く含む食材
ビタミンC
  • 抗酸化作用がある
  • 亜鉛の吸収を高める
  • 緑黄色野菜
  • 柑橘類
  • β-カロテン
  • 体内でビタミンAに変換される
  • 細胞分裂を促す
  • しそ
  • ニンジン・・・など
  • 明日葉・・・など
  • 食物繊維
  • 血液中の油分を吸収する
  • 頭皮の皮脂量増加を抑制する
  • ごぼう
  • 明日葉・・・など
  • メラトニン
  • 質の良い睡眠を促す(=成長ホルモン
    を生み出し、健康な髪を作る)
  • カイワレ
  • 大麦若葉
  • ケール・・・など
  • 亜鉛
  • 摂取したタンパク質を髪に変える
  • ビタミンCと一緒だと吸収率アップ
  • 牡蠣
  • レバー・・・など

  • これらを総合的に補えるのが、青汁の魅力です。

    薄毛・抜け毛の原因はひとつではないので、薬のように誰もに改善が見られる、という性質のものではありませんが、薄毛・抜け毛になりにくい体へと改善していくために、青汁のサポートを毎日少しずつ、体に取り入れてみてはどうでしょうか。

    どんな青汁商品があるのかを知りたい時、それぞれの商品を詳しく比べたい時には、青汁ランキングのサイトが便利です。頭髪に嬉しい栄養が入っているものを選びましょう。


    その他、薄毛・抜け毛に効く対策とは



    薄毛・抜け毛の予防・対策の基本は、生活習慣の改善とヘアケアです。不足しがちな栄養を青汁で補うことはもちろん、栄養バランスのとれた食事を心がけることが大切です。なかでも髪のもととなるタンパク質、髪の成長に欠かせない鉄、亜鉛、ビタミン類を取り入れるようにしましょう。

    必須アミノ酸が含まれる肉、魚、卵、大豆(豆腐)、鉄分の多いレバーやほうれん草、血液サラサラ効果のあるビタミンEを含むゴマ、ナッツなどがおすすめです。


    過度の飲酒、ダイエット、そして喫煙といった習慣は、髪の健康にとってNGです。心当たりのある方は改善するようにしてください。

    生活リズムも重要です。働き盛りの世代では特に、就寝時間が遅くなったり、十分な睡眠が取れないことがありますが、これでは健康な髪を作ることが難しくなってしまいます。できるだけ質の良い十分な睡眠をとるようにしましょう。


    ストレスも薄毛に影響します。例えばとても緊張したとき、手が冷たくなったりしますよね。これは緊張で手指の血流が悪化しているためです。同じように、ストレスで頭皮・毛根の血流が悪化して、毛髪への栄養が断たれてしまうことがあります。

    適度な運動やストレッチ、入浴のほか、自分に合ったストレス解消法で、髪への栄養を確保します。体脂肪を燃焼させるジョギング、ヨガなどの有酸素運動や、1日20分以上のウォーキングでは、血行・新陳代謝の促進が期待でき、毛髪だけでなく全身の健康維持に役立ちます。


    頭皮は体の中でも皮脂量が多い場所です。洗髪をしなければ皮脂や汚れがたまり、雑菌が繁殖して炎症の原因となります。これでは健康な毛髪が育つことができません。

    1日に何度も洗いすぎてしまうと乾燥から頭髪を痛めやすくなりますが、逆に「面倒だから」「冬で汗をかかないから」と放置することなく、頭皮・髪の清潔を維持したいものです。

    押さえておきたいヘアケアのポイント!



    次に、薄毛・抜け毛を減らすためのヘアケアについて確認していきます。薄毛が気になる人のためのシャンプーや育毛剤が販売されていますが、洗髪の仕方が良くなければ、せっかくの育毛効果が十分に期待できません。

    洗髪の前に、ブラッシングで髪のもつれをときほぐしておきます。そしていきなりシャンプーするのではなく、まずはぬるま湯で予洗いです。ほこりや汚れを取り除くのと同時に、頭皮をマッサージします。


    続いて適量のシャンプーを取り、手のひらで伸ばすようにしながら髪全体につけた後、泡立てながら洗います。後頭部の生え際~襟足~耳の後ろ~こめかみ~頭頂部~前頭部~額と、下から上へ洗い上げるようにしましょう。

    すすぎはたっぷりのお湯で丁寧に行い、シャンプー成分を残さないことが大切です。下から上へ、髪の伸びる方向と逆に向かってすすぐことで、泡がきれいに落ちます。後頭部や耳の後ろなど、洗い残しがちな部分に注意しましょう。その後、リンスやコンディショナーを使います。


    濡れた髪はそのままにせず、ドライヤーで乾かします。同じ場所に長く当てないこと、髪から15cm程度離して当てるのがポイントです。育毛剤を使い、よくマッサージして血行を促進しましょう。

      ヘアケアのポイント
    • ゴシゴシこすらず、指の腹で頭皮を洗うようにする
    • フケやかゆみのもとになるシャンプー成分をすすぎ残さない
    • かゆみや腫れが見られる場合にはシャンプーを変える
    • 頭髪に刺激の少ない弱酸性などの商品を使う

    <薄毛・抜け毛の予防・改善に青汁が良い? まとめ>

    • ヘアサイクルの中で髪が十分に成長せず薄毛になる
    • 血行や男性ホルモン、脂漏が薄毛、抜け毛の原因になる
    • 男性ではAGAが多く、女性は全体に頭髪が薄くなる
    • 青汁で髪の成長に必要な栄養を総合的に補える
    • 髪や頭皮にいい生活習慣を心がける
    • 正しいヘアケアのコツを実践しましょう




    みんなが選ぶ、青汁の人気ランキング!

    神仙桑抹茶ゴールド
    神仙桑抹茶ゴールド
    デトックス効果の高い桑の葉や緑茶、シモンを主原料としているため、ダイエッターにおすすめの青汁です。青汁らしからぬ、お茶のような渋みのある味わいが特徴です。


    黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
    黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
    自然豊かな北海道原産のクマイザサに、約40種の植物エキスを配合した寒天タイプの青汁です。食物繊維の力ですっきりお腹へ。黒糖風味で味も美味しく、プルンとした食感も楽しめます。

    すっきりフルーツ青汁
    すっきりフルーツ青汁
    大麦若葉・明日葉・クマザサなどの青汁原料に加え、フルーツ・野菜エキスを配合した飲みやすさ満点の青汁です。すっきりお腹に嬉しい栄養がギュッと詰まっているので、便秘やダイエット中の方におすすめです。