夏におすすめ!青汁の魅力とは?

青汁で夏バテ・熱中症対策!猛暑に負けない体を作ろう!



夏はお祭りや花火、海やプールにと楽しいイベントが盛りだくさんですよね。夏を満喫するためにも、万全な体調をキープしたいものですが、連日続く猛暑日に身体が悲鳴をあげている方もいるかもしれません。

夏になると増えてくるのが、夏バテ・熱中症患者さんです。ここでは、夏バテや熱中症を予防するために有効な対策についてお話ししたいと思います。


日本人は夏バテしやすい?



暑かったら、世界中どこでも誰でもが夏バテするものか、といえばそうではありません。体質や食事バランス、生活習慣などの影響は大きいですが、実は日本の気候や環境もまた、夏バテになりやすい傾向を増大させていると考えられます。

ほとんどの地域において、日本の夏は「高温多湿」です。近年の天気予報では「猛暑日」「熱中症警報」といった言葉が連日のように聞かれるほど、ますます高温・多湿傾向となっています。

気温が高くなれば体温調節のために汗をたくさんかきますが、良くないのは、湿度が高いために汗が蒸発していかず、その結果熱が体内にこもってしまうことです。これでは本来の体温調節が充分に行えません。


さらに近代化によるエアコンの普及もまた、夏バテを増加させる大きな要因となっています。暑い夏ではエアコンが欠かせず、気が付くと一日中エアコンを入れている、ということも珍しくありませんよね。

大勢の人が集まる電車やバスなどの乗り物、デパート、スーパーなどでは、エアコンが効きすぎて寒いということが少なくありません。冷えすぎた屋内と猛暑の屋外との気温差が、体温調節を担う自律神経バランスを崩してしまいます。


その結果体温を保つことができずに、血行は悪化し、倦怠感や食欲不振などの夏バテの症状へとつながってしまうのです。

エアコンがない時代には、夏バテの原因になるのは屋外の高い気温でしたが、現代においては、自律神経をバランスを崩してしまう気温差の影響の方が、より深刻と言えます。

正常な発汗や血行促進に役立つ「湯船に浸かること」をせずに、シャワーでサッと済ませてしまうといった生活習慣の増加も、疲労回復を妨げ夏バテ増加に影響します。


夏バテ・熱中症の症状とは



夏の暑さでだるさを感じたり、疲れやすい、その疲れがとれない、食欲がない、お腹の調子が悪い、やる気が出ないなどの不調を感じると、誰しも「夏バテだな」と思いますよね。このように夏バテという言葉は、「夏の不調の総称」として認識されています。

ひとつの不調によって、また別の症状が引き起こされていくのも特徴的です。例えば食欲がなくなることで、そうめんや冷たい飲み物、氷菓などを選ぶことが多くなってしまい、栄養バランスが偏ってますます体力は低下します。

冷たい飲み物ばかり飲めば胃液が薄まって消化機能が落ち、これがさらなる食欲不振を招くといった悪循環もあります。


夏バテの主な原因には、温度差そのもの、温度差による消化機能低下、発汗による水分・ミネラル不足が挙げられます。

冷房の効いた屋内と猛暑の屋外との温度差は、20度近くになることも。その急激な変化に、体温調節を担う自律神経が対応しきれず、めまいや立ちくらみにつながるうえ、自律神経がコントロールする消化機能もまた低下して、栄養の吸収率が悪化します。


夏場はだれもが大量の汗をかきます。このとき水分だけでなく同時にミネラル分も失われていて、脱水症状その他の不調を引き起こしていきます。

夏バテとともに注意が必要な「熱中症」症状では、熱疲労、熱けいれん、そしてこれらが悪化した熱射病の3つの段階があります。熱中症は、異常な体温上昇が見られなくてもかかってしまうことがあり、注意が必要です。


まず発汗によって水分が大量に失われることで、倦怠感や脱力感、めまいや吐き気、頭痛などの熱疲労が起こります。そこで水だけを補給すると、血液中の塩分濃度が急激に低下して手足や腹筋のけいれんや筋肉痛が起きる熱けいれんの状態になります。

脱水症状が継続しいよいよ体温調節ができなくなると、昏睡や意識障害を起こす熱射病の段階になります。血液凝固障害、多臓器障害などの合併症を引き起こすリスクが高まり、命に関わる危険な状態です。


夏バテ・熱中症対策に青汁がおすすめな理由



夏バテや熱中症対策で最も重要なのは、水分の補給方法です。水分が大事ですが、そのままがぶがぶ飲めば安心というわけではありません。

体液の主成分はナトリウムと塩分、そのほかカリウムやマグネシウムなどのミネラル分が溶けています。水分の取りすぎはこれらの組成バランスを崩してしまい、高血圧や筋肉のけいれんなど、熱中症の症状につながります。


水分と一緒に塩分、ミネラルを補給するため、塩入りのドリンクやミネラル入りのスポーツドリンクを選ぶ方は多いでしょう。ただしスポーツドリンクには糖分もまた豊富なので、摂りすぎには要注意です。

近年販売されている経口補水液では、ミネラルのほかブドウ糖、ナトリウムなどを補うことができ、脱水症状には効果的ですが、糖尿や高血圧の方は摂取に注意しなければなりません。

お茶は体にいいだろう、と思うかもしれませんが、利尿作用があるので緊急時のミネラル補給には向きません。カフェインにもまた、利尿作用が見られます。

青汁は、夏バテ中に不足しがちな栄養素をチャージできる!



そこでおすすめの飲み物が青汁です。青汁なら、食欲減退で不足しがちなビタミンやミネラル、カルシウムなどの栄養を、水分と一緒に補給することができます。青汁といえば食物繊維も豊富で、これが腸内環境を整えることで免疫機能が強くなり、夏風邪予防にもなります。

スティック状の青汁ならば、外出先でも冷えたミネラルウォーターを購入し青汁の粉末を入れて混ぜるだけで、簡単に青汁が作れます。かさばる飲み物を持ち歩くのは面倒、という方も、スティックならば、いつもカバンやポケットに入れておけますよね。


夏バテ、熱中症対策を強化したいときには、塩分をプラスした特製青汁を作ってみましょう。作り方は、青汁に天然塩をひとつまみ入れるだけ。食塩ではなく、ミネラル豊富な天然塩を選ぶことにだけ留意してください。

「青汁は飲んだことがない」「どんな商品がいいのか分からない」というときには、青汁ランキングのサイトを参考にしましょう。青汁に使用する野菜の種類や栄養、価格帯なども確認できて安心です。


青汁と並行して行いたい夏バテ・熱中症対策


活動時間は・・・

夏バテ・熱中症予防として、外出は出来るだけ涼しい時間に、薄着で帽子をかぶっていきます。外出中はこまめな水分補給を心がけます。

エアコンによる冷えへの対策も欠かせません。冷えすぎる車内・室内で羽織るものを用意しておきます。自宅を冷やしすぎずないことで、外気との温度差をできるだけ減らすようにしましょう。

風を当てることで体表の熱を奪ってくれる扇風機をうまく活用します。冷やし続けるのもまた良くないので、扇風機は首振り設定にし、冷房の風向きは天井に向けるようにします。

入浴では・・・

べたつく夏の入浴は、ついシャワーで済ませたくなりますが、ぬるめのお湯にしっかり浸かって体を温めることも大切です。アロマオイルを垂らしてゆったりリラックスすると、心身の疲れがとれますね。

お風呂を出る直前に手足に冷水をかけると、むくみ解消とさらなる血行促進に。お風呂あとのストレッチもまた、血行促進に効果的です。質の良い睡眠を十分にとり疲労を回復させることも、夏バテ防止になります。

夜寝る時は・・・

寝苦しいときには冷却シートを活用し、エアコンは付けっぱなしにするのではなく、できるだけタイマーで調節します。

熱を持ちやすい頭を集中的に冷やすことで、体感温度を下げられます。冷えるタイプの枕を使ったり、竹シーツやゴザを引くと、ひんやりして寝つきやすくなります。

食生活では・・・



高温多湿な猛暑日では、室内にいても熱中症で死亡する事故が起こっています。エアコンの利用や、屋内であっても体温上昇・脱水の予防に注意が必要です。

水分補給としておすすめなのが、先述の青汁や塩入りのドリンクですが、ミントティーやレモン果汁入りの飲み物もおすすめ。ミントには、胃腸の機能を高める働きがあり、クエン酸は疲労回復に効果的です。


そうめんなど喉越しのいいもので済ませがちになる食事ですが、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどもしっかり摂っておきたいものです。たくさん食べられなくても、少しずつ3食きちんと食べるように気をつけます。

ビタミン不足は倦怠感を強めます。糖質の代謝を助けるビタミンBを含んだ豚肉、豆類、ビタミンCが豊富な緑黄色野菜、レモン、キウィなどの果物、ビタミンB1の吸収を促すニンニクやネギなどがおすすめです。調味料にお酢を使うと、サッパリといただけますね。

■夏バテ予防のために摂取したい栄養素まとめ

特徴 多く含む食材
ビタミンB1,2
  • 糖質をエネルギーに変える働きがある
  • 疲れにくい身体を作る
  • 落花生、枝豆、グリンピース・・・など
  • モロヘイヤ、アスパラ、ブロッコリー・・・など
  • ビタミンA
  • 抵抗力を高める
  • β-カロテンが体内でビタミンAに変換される
  • レバーや卵など動物性食品
  • β-カロテンを含む緑黄色野菜
  • クエン酸
  • エネルギーを作る
  • 老廃物の排出を促す
  • 酢、梅干し
  • ゆず、グレープフルーツ・・・など
  • ビタミンC
  • 自律神経の乱れを防止する
  • 活性酸素の除去
  • 免疫力を高める
  • 緑黄色野菜
  • アセロラ、イチゴなどの果物類
  • ミネラル
  • 胃腸の働きを促す
  • 特に必要なのはカリウム
  • トマト、スイカ、きゅうり・・・など
  • 海藻類

  • 逆に、「しっかり食べなくては」と食べ過ぎてしまうことにも注意しなければなりません。汗をたくさんかいて体力が奪われることでカロリーを消費しているように感じますが、実は夏場の基礎代謝量(何もしなくても消費されるエネルギー)は、冬場よりも10%も少ないのです。

    運動しないのに食事を摂りすぎると、冬場以上に太りやすくなってしまいます。アイスクリームや果物などが美味しい季節ですが、糖分の摂りすぎにはくれぐれも気をつけてください。

    運動では・・・

    猛暑日に外で長く運動をするのは危険ですが、適正なエネルギー消費は必要です。通勤でしっかり歩いたり、ちょっとした運動で1日30分程度は体を動かすようにしたいですね。発汗機能を正常に保つためにも、適度な運動習慣が大事です。

    夏場は太りやすいはずなのに、夏になるとどうしても痩せてしまう、いわゆる「夏やせ」体質の方もいます。夏やせは、暑さで食欲がなくなる上に、冷たいものや水分を摂りすぎて胃腸機能が低下し、栄養吸収力が悪化してしまう状態です。

    少量でも3食しっかり食べること、ちょっとしたスパイスを加えて食欲を促すなど、メニューや調理法を工夫してみてください。

    <青汁で夏バテ・熱中症対策!猛暑に負けない体を作ろう!・まとめ>

    • 高温多湿な気候、エアコンによる温度差が夏バテを増やす
    • 気温差によって消化機能が落ち、食欲不振になる
    • 大量の発汗で水分・ミネラルが不足し熱中症が起きる
    • 青汁なら、水分と一緒にミネラル、ビタミンなどを補給可能
    • 外出時~入浴~就寝時間まで、体温を上手に調節する工夫を
    • 少量でも、栄養バランスを心がけ3食食べるようにする
    • 夏やせだけでなく食べ過ぎにも注意し、適度な運動をする


    みんなが選ぶ、青汁の人気ランキング!

    神仙桑抹茶ゴールド
    神仙桑抹茶ゴールド
    デトックス効果の高い桑の葉や緑茶、シモンを主原料としているため、ダイエッターにおすすめの青汁です。青汁らしからぬ、お茶のような渋みのある味わいが特徴です。


    黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
    黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
    自然豊かな北海道原産のクマイザサに、約40種の植物エキスを配合した寒天タイプの青汁です。食物繊維の力ですっきりお腹へ。黒糖風味で味も美味しく、プルンとした食感も楽しめます。

    すっきりフルーツ青汁
    すっきりフルーツ青汁
    大麦若葉・明日葉・クマザサなどの青汁原料に加え、フルーツ・野菜エキスを配合した飲みやすさ満点の青汁です。すっきりお腹に嬉しい栄養がギュッと詰まっているので、便秘やダイエット中の方におすすめです。