青汁には痛風の原因となるプリン体が多く含まれている?

青汁には痛風の原因となるプリン体が多く含まれている?



痛風という病気をご存知でしょうか?

別名「ぜいたく病」とも呼ばれ、高カロリーで油っこい食事をしている人がなりやすいと言われていますが、その原因は糖分や脂質だけではなく「プリン体」と呼ばれる成分の過剰摂取が大きく関係しています。

プリン体は様々な食品に含まれており、実は健康食品である青汁にも含まれています。「青汁はビールよりもプリン体が多い?!」などと噂も囁かれており、青汁を不安視する方も少なくありません。

しかし実際は、青汁は適切に飲むことで痛風になるどころか、むしろそれを予防する効果があるとされています。以下では、なぜ青汁でそのような効果が期待できるのか?順を追って解説していきたいと思います。


痛風とはどんな病気か?



まず、痛風とはどのような病気なのか説明します。「痛」「風」=風が吹いても痛い、というその病名からわかるように、激痛を伴う病気です。激痛が走るのは、主に足の親指の付け根から甲にかけてです。とにかく痛くて、歩くことも、動くことも困難いなります。

痛風を引き起こすメカニズム

痛風は、体内にある「尿酸」と呼ばれる物質が過剰になり「高尿酸血症」という状態によって引き起こされます。この時に尿酸は結晶化し、その結晶が足の指の付け根などを刺激するため、激しい痛みが走ります。

足の指の付け根は特にその尿酸の結晶が溜まりやすい場所なのです。

痛風患者の現状

痛風は、尿酸が過剰になってから8年前後で発症する可能性があると言われています。すぐには発症しないため、若い人はなりにくく、40代以上の人が大半です。患者数は60万~70万人だと言われていますが、一歩手前の「予備軍」はその10倍はいると言われています。生活習慣病と同じようなイメージですね。

患者のほとんどは男性です。なぜなら、もともと男性のほうが尿酸値は生物学的に高く、痛風になるラインに達しやすいのです。もちろん、女性がならないというわけではなく、女性でもリスクはあります。

尿酸を高めるのが「プリン体」という物質

通常の食生活をしている限りは問題ないのですが、尿酸の原料となる「プリン体」と呼ばれる物質を摂取し過ぎると、通常の代謝機能以上に尿酸が作られてしまうため、排出できずに足の方へと溜まってしまいます。

従って、痛風を予防するためには、このプリン体を過剰摂取しないことが大切です。


どんな食べ物にプリン体が多く含まれるのでしょうか?よく、ビールにプリン体が多いと言われ「プリン体オフビール」などと謳ったCMがありますよね。ビールにプリン体が多いのは事実で、飲み過ぎは問題なのですが、プリン体が多いのはビールだけではありません。

その他の食べ物としては、レバーやマグロ、サンマなどの青魚、ウニ、イクラ、カニなどの海産物にプリン体が非常に多く含まれています。「ぜいたく病」と言われるのは何となくわかりますね。


レバー以外の肉の部分や、アスパラガス、ホウレンソウといった野菜、さらには果物にもプリン体はあります。そう考えると、完全にプリン体をシャットアウトすることは大変難しいものですので、積極的に予防方法を考えないといけません。


青汁は痛風になりやすい飲み物なのか



痛風を予防するには、プリン体の多いものはなるべく避ける!という取り組みが大切だということは何となくわかったと思います。先ほど、青汁にもプリン体が含まれていることをお話ししましたが、痛風を予防するためには青汁も控えるべきなのでしょうか?

また、健康食品であるはずの青汁は、ビールよりも多くのプリン体が含まれているという噂は本当なのでしょうか。

100gあたりのプリン体の量は、青汁の原料がダントツ!

青汁にプリン体が多く、痛風の可能性が高くなると言われている理由はこうです。

青汁の原料として有名な葉物野菜には、以下のようなプリン体が含まれています。

  • ケール  100gあたり40.2mg
  • 大麦若葉 100gあたり88.5mg

一方、プリン体が多い代表格であるビールは

  • ビール  100gあたり5mg

ケールと大麦若葉は青汁の原料の2大主原料と言われています。これを比較すると、痛風のリスクはビールの比ではなく、とんでもないということになりそうです。しかし、そこは数字のマジックです。

青汁1杯あたりのプリン体摂取量は、たったの1mg

単純比較すると、青汁は危険そうですが、実はそうではないのです。実際に青汁1杯あたりどのくらいのケールや大麦若葉が使われているのかというと、実は極めて少量です。青汁1杯はだいたい200mlですが、そこに含まれているケールや大麦若葉は2~3gです。

粉末にして水で溶かすので、実際に100gの野菜を食べているわけではないのですね。

そこで、「1杯あたり」に含まれるプリン体を比較してみましょう

  • ケール青汁1杯   1mg
  • 大麦若葉青汁1杯  2mg
  • ビール1杯(350ml) 17mg

この通り、1杯あたりに換算すると、プリン体の摂取量は大きく変わってきます。

しかも、ビールを飲む人は1回に何杯もジョッキで飲みますから、実際のプリン体摂取量ははるかに多くなります。リスクでいうと、やはりビールが大きいということがわかり、青汁はほとんど影響しない摂取量であることが理解できると思います。

青汁はむしろ痛風予防に効果的!



さらに青汁は、痛風に影響しないどころか、それを予防する効果が期待できるのです。

なぜかと言いますと、青汁の原料には「カリウム」「葉酸」「カルシウム」などのミネラルが豊富で、これが尿酸値を下げる効果があるのです。


青汁を飲むことで、プリン体の影響を受けるよりも、尿酸値を下げる作用のほうが大きく期待できるという理由から、痛風を予防する効果があるとされています。

ただし、1つだけ条件があります。痛風予防のためには、無添加、無加糖の100%青汁を選ぶ必要があります。砂糖などが入っているとプリン体ではなくても、尿酸値が上がってしまい痛風になる可能性があります。


糖分の摂りすぎは健康の為によくないので、そのようなものがない無添加青汁であることが重要です。

そして、もう1点。青汁を飲む量は適量(1日2杯程度)に抑えてください。これを守っていただくと、健康でかつ痛風にも効果が期待できる飲み方になります。


青汁と並行して行いたい、その他の痛風予防策!



その他、痛風になりにくい対策方法を簡単に解説いたします。

プリン体の多い食べ物を控える

当然ですがビールの飲み過ぎや、プリン体の多い食べ物はできるだけ控えてください。バランスよく色々な栄養を摂取することで、尿酸値を下げる、あるいは上げない効果を期待します。

やはり、高脂肪、高カロリーの食事は痛風だけでなく、他の生活習慣病の原因にもなります。

ストレスを溜めず、運動する

ストレスや運動不足は、あらゆる病気のリスクを高めてしまいます。痛風もこの例の通りで、上手にストレスを解消し、運動することで痛風になりにくい体の土台を作ることができます。

アルコールはできるだけ控える

ビールでなければ良いのかというとそうでもなく、アルコール自体に尿酸を作り出す効果があります。プリン体というガソリンはなくても、焚き木にはなってしまうということです。飲むなとは言えませんので、適量を守っていただくことが大切です。

このようなこと習慣化することで、痛風になりにくい健康状態を作っていきます。

この章のまとめ

  • 痛風は尿酸が足の付け根などに溜まり結晶化することで、刺激を与える病気である
  • 尿酸値が上がる原因の1つとしてプリン体がある
  • プリン体はビールをはじめレバーなどに多く含まれる
  • 青汁の原料にもプリン体は含まれるが、青汁1杯に換算するとほとんど影響のない量である
  • 青汁の他の成分が尿酸値を下げるため、むしろ痛風予防に効果がある
  • ただし、無添加の100%青汁を用量を守って飲むことが大切

せっかく健康のために青汁を飲むのですから、安心できる無添加のものにして、心配事を減らしていきましょう。


みんなが選ぶ、青汁の人気ランキング!

神仙桑抹茶ゴールド
神仙桑抹茶ゴールド
デトックス効果の高い桑の葉や緑茶、シモンを主原料としているため、ダイエッターにおすすめの青汁です。青汁らしからぬ、お茶のような渋みのある味わいが特徴です。


黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
自然豊かな北海道原産のクマイザサに、約40種の植物エキスを配合した寒天タイプの青汁です。食物繊維の力ですっきりお腹へ。黒糖風味で味も美味しく、プルンとした食感も楽しめます。

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁
大麦若葉・明日葉・クマザサなどの青汁原料に加え、フルーツ・野菜エキスを配合した飲みやすさ満点の青汁です。すっきりお腹に嬉しい栄養がギュッと詰まっているので、便秘やダイエット中の方におすすめです。