青汁は尿路結石のリスクを高める?!

青汁は尿路結石のリスクを高める?!



みなさんご存じの青汁には、色々な健康効果があることが広く知られています。美容に良い、ダイエットに効果的、血圧を下げる・・・、数え上げるときりがないくらい私たちの健康に良い効果をもたらしています。

しかし、青汁の効果はいつもプラスのものだけではないようです。飲み方や選び方によっては、健康への悪影響が出てしまう場合もあります。

その1つとして挙げられるのが「尿路結石」と呼ばれるものです。健康食品である青汁に、こんなリスクがあると聞くと飲むのを躊躇してしまいますよね。

これは果たして本当なのでしょうか。そこで、青汁と尿路結石の関係についてここでは考えていきたいと思います。


尿路結石とは?



まず、尿路結石とはどのような病気なのか解説いたします。

尿路結石の正体

「腎臓結石」という病気を聞いたことがある人もいるかもしれません。尿路結石とは、この腎臓結石も含めて、腎杯→腎盂→尿管→膀胱→尿道の、腎臓から排尿までに至る臓器に結石ができてしまい、尿が詰まるだけでなく、結石の物理的な刺激で激しい痛みと出血を伴います。

男性のほうがなりやすく(女性の2.5倍)、年齢は30代~60代の人に多いのが特徴です(それ以外の人がならないというわけではありません)。

結石の多くは、カルシウム結石(カルシウムの化合物)ですが、その他にも尿酸結石や、リン酸マグネシウム結石などカルシウム以外の物質からできることもあります。

尿路結石の原因

尿路結石はすべての人がなるわけではありません。ある原因によってなりやすくなると考えてください。主な原因は以下のとおりです。


・尿路の通過障害

何らかの原因で尿路が狭いと、結石ができやすくなります。生まれつき尿路が狭い場合もありますし、悪性・良性問わず腫瘍ができてしまうと、尿の通過を邪魔してしまいます。その他、前立腺肥大化症など、尿路を圧迫するような病気になってしまうと、尿路結石ができやすくなります。


・尿路感染

尿路に細菌が感染すると、尿路結石ができやすくなります。具体的には「尿素分解菌」によって尿素→アンモニアが生成され、そのアンモニアがアンモニウム結石などの化合物を作ってそれによって、結石ができてしまいます。


・水分不足

これはわかりやすいと思いますが、水分が少ない→尿が少ないと尿路で結石ができやすくなります。常に流れている川と、干上がってしまった川では、どちらが石が滞留しやすいのか考えていただければ明白です。

尿が多くなれば、結石になる前の段階(結晶)のまま排出されてしまうので、リスクは下がるということです。


・偏った食事

結石ができやすい成分を食べ過ぎるのも問題です。カルシウムの摂取過多が原因になりそうなのは上で書いた通りですが、実はカルシウムだけで石になるのではなく、それを促してしまう成分を摂取することがいけません。

具体的には「シュウ酸」という成分が問題で、これによってシュウ酸カルシウム結石という結石ができやすくなります。シュウ酸が多い食べ物は、ホウレンソウやブロッコリーといった野菜やナッツ類、紅茶などになります。


その他、甲状腺の異常や緑内障などの目の病気の薬の中には、結石をできやすくしてしまうものも存在しています。原因は幅広く存在しますが、大きくは上で書いたことが中心になります。


青汁で尿路結石ができるって言われているけど・・・本当なの?



以上を踏まえて、本題に入っていきます。健康になるはずの青汁でなぜ、尿路結石ができる場合があるのかという問題です。これは、青汁の原料に「シュウ酸」が含まれているもことが原因です。

青汁とシュウ酸の関係

上で書いたように、シュウ酸を多く摂取すると、カルシウムと化合して結石ができやすくなります。少量のシュウ酸であれば、体に有害ということはありませんが、青汁はそれぞれの栄養素を凝縮したジュースですので、飲み過ぎると、どうしても栄養素が過剰になりやすくなります。

つまり、青汁を飲むことでシュウ酸を過剰に摂取し、尿路結石のリスクが高まるのではないか?といわれている訳なのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

シュウ酸の少ない青汁の原料を選べば安心!



青汁は、青、緑の葉物野菜を中心にした野菜ジュースですが、その原料の定義は実はありません。同じ青汁であっても、商品によって使っている野菜は異なり、どれも栄養価は高いものではありますが、その成分や味は異なっています。

つまり、シュウ酸の少ない原料で作られた青汁であれば、尿路結石のリスクを回避することができます。


シュウ酸が多い野菜は、ホウレンソウやブロッコリーだと書きました。実際、これらの野菜を原料としている青汁も存在しています。しかし、これらを全く含まない青汁も多いのです。つまり、青汁を上手に選ぶことで、シュウ酸を摂取せずに、他の健康成分を吸収することができます。

青汁の原料として有名な「ケール」や「モロヘイヤ」「明日葉」などにはシュウ酸は非常に少ないため、尿路結石について言えば、そのリスクを回避することが可能です。


当サイトで紹介している青汁は、シュウ酸が多い原料を使っているものはないので、安心して飲むことができます。

価格だけで青汁を選んでいると、思わぬ「落とし穴」があるかもしれません。青汁を選んでいただく際には、その原料や栄養素なども合わせて検討材料に加えると、よりご自身に合ったものを選ぶことができます。


なお、ホウレンソウやブロッコリーが「ダメ」とうことではありません。青汁によってシュウ酸が過剰になってしまいがちということです。普段の食事でシュウ酸を摂りすぎていない人は、これらが入っているものでもOKです。ただ、不安のある方は大麦若葉やケールを主原料とした青汁をお勧めします。


尿路結石の予防法



最後に、一般的な尿路結石の予防法についてご紹介します。シュウ酸を減らすことに加えて、他の部分でも結石ができやすくならない環境を作りましょう。代表的な尿路結石の予防法は以下のようなものがあります。

1.十分な水分の補給

水分不足によって尿が少なくなり、結石ができやすいということは上で書きましたが、逆に十分な水分摂取をすれば、リスクの1つを減らすことができます。1日に摂取すべき水分は2000ml(=2l!)と言われています。

ただし、これだけの水分を全部水やお茶として飲むのではなく、食べ物の中の水分も合わせての数字になりますが、ある程度意識しないと摂取できません。もちろん、水分なら何でもよいというわけではなく、清涼飲料水やジュースなどでは糖分過多になってしまいますし、コーヒーやお茶はカフェイン過剰になってしまいます。

理想は水やお湯、麦茶(ノンカフェインです!)などから水分補給をします。シュウ酸の少ない青汁でも良いのですが、青汁自体の1日の目安(コップ2杯)は超えないようにしてください。

2.バランスの良い食生活

シュウ酸の少ない食事は必須ですが、尿路結石の原因はそれだけではありません。ビールやレバーに多い「プリン体」(痛風の原因にもなります)も問題ですし、糖分、塩分、脂肪などの過剰摂取にも注意してください。

わかりやすく言いますと、高血圧や肥満など生活習慣病になりやすい食事は、尿路結石にもなりやすいということになります。


逆に積極的に摂取したい栄養素としては、クエン酸やマグネシウム、食物繊維などになります。「シュウ酸の少ない原料、かつ、適正量の青汁」は、実はこれらを補うことができます。このページで紹介している青汁は、尿路結石予防に効果的です。

なお、カルシウムについては両論あり、過剰な摂取は問題なのですが、まったく摂取しないと、却ってシュウ酸が溜まりやすくなるようです。食事からも適度なカルシウム摂取を目指しましょう。

3.夕食後時間を取って就寝する

シュウ酸や尿酸などの尿路結石の原因物質は、食後2~4時間で濃度が高くなると言われています。つまり、食後すぐに寝てしまうと、排尿できずに溜まっていきます。従って、夕食は早めに食べて、濃度の高い尿を排出してから就寝するのが良いと言われています。

尿路結石だけの問題ではなく、夕食後すぐの就寝は、脂肪が溜まりやすいなど健康にとっては良くないので意識してください。


このようなことを心がけることで、尿路結石のリスクはある程度解消しますが、個人の体質によるものもありますので、100%とは言えないので心配ならば、病院で検査を受けるなどの対策も必要です。

この章のまとめ

  • 尿路結石は、尿の通り道でカルシウムなどの化合物が石のように結合してしまう現象である
  • 尿路結石によって排尿が困難になり激痛などを伴う
  • 原因は色々あるが、特にシュウ酸という物質がカルシウムと結合しやすく、摂取に注意が必要
  • 青汁の中にはシュウ酸が多いものがあるので、選び方には注意が必要
  • シュウ酸を含まない青汁ならば、尿路結石のリスクは減り、むしろ予防効果が期待できる
  • 食生活全般に注意し、水分補給を欠かさないことが重要

どんなものでも過剰摂取は危険があります。シュウ酸のない青汁であっても、容量を守って健康維持につなげてください。



みんなが選ぶ、青汁の人気ランキング!

神仙桑抹茶ゴールド
神仙桑抹茶ゴールド
デトックス効果の高い桑の葉や緑茶、シモンを主原料としているため、ダイエッターにおすすめの青汁です。青汁らしからぬ、お茶のような渋みのある味わいが特徴です。


黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
自然豊かな北海道原産のクマイザサに、約40種の植物エキスを配合した寒天タイプの青汁です。食物繊維の力ですっきりお腹へ。黒糖風味で味も美味しく、プルンとした食感も楽しめます。

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁
大麦若葉・明日葉・クマザサなどの青汁原料に加え、フルーツ・野菜エキスを配合した飲みやすさ満点の青汁です。すっきりお腹に嬉しい栄養がギュッと詰まっているので、便秘やダイエット中の方におすすめです。