青汁で血管年齢を若返らせよう!

青汁で健康な血管を目指す!サラサラ血液がもたらす効果とは?



よく「この食べ物を食べると血がサラサラになるよ」などの情報を耳にすることがありますが、血液の状態がサラサラであることは、どのような意味で健康にとって良いのでしょうか。

具体的な健康への効果や、血液がドロドロであることのデメリットなどを理解していただければ、その重要性がわかると思います。


血液がドロドロで起こる健康問題とは・・・

血液が「ドロドロ」「サラサラ」と漠然とした表現をされますが、実際に客観的な数字として表れるものになります。ここでは、まず、血液がドロドロであることが健康にとって良くないということを説明いたします。

1.血液がドロドロである状態とは

血液がドロドロであるという状態は、採血によって検査することができます。具体的には血液中のコレステロールや中性脂肪が基準値よりも多い状態を言います。

コレステロールは細胞膜を形成する脂質のことで、中性脂肪は血液中にあるエネルギー源になる「トリグリセリド(トリアシルグリセロール)」と呼ばれる脂肪です。少量であればエネルギー源として利用でき、体を守ることにつながりますが一定量以上だと悪影響が出ます。

水に油を入れてみればわかるように、ドロドロとして流れが悪くなりますし、管には油がついてべとべとになります。血液がドロドロと言われる状態は、血管中で同じような状態になっていると考えてください。

2.血液がドロドロになる原因

血液がドロドロになる原因には様々あります。

コレステロールや中性脂肪の直接的な元となる、高カロリーの食事や揚げ物などを多く食べてしまうことに加えて、加齢、運動不足などによって新陳代謝機能が低下してしまうこと。

また、活性酸素の影響やアルコールの飲み過ぎ、さらに生活習慣の乱れ(睡眠不足、不規則な生活、便秘、ストレス・・・)が複合的に関係して起きると言われています。色々な要素がありますが、中でも食生活(広く口に入る物)の影響がやはり大きいといえます。

3.血液がドロドロになるとどのような影響があるのか?

血液ドロドロの状態を考えてみます。通常、人間は血液によって酸素や影響を体に送っていますが、これが鈍ることになります。また、血液は老廃物や有害な物質を体の外に排出する作用も合わせて持っています。

つまり、血液がドロドロになることで、人間の新陳代謝機能が鈍化して、必要な栄養が行きわたらないことになると考えてください。これによって体中が酸素不足、栄養不足の状態に陥り、正常な活動を行うエネルギーが失われていきます。


この結果、一義的には肩こりや腰痛、冷え性と言った血行障害の症状が起きやすくなりますが、それだけではありません。血管に溜まった油によって、血管が詰まり大きな病気を引き起こす場合があります。

具体的には、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞、大動脈瘤と言った即命に関わる重大な疾患です。ある日突然これが起きて、倒れてしまうというリスクが大きくなります。


それだけではなく、詰まっている血管の中で血液を運ぶ必要があるわけですので、心臓の負担=血圧が必然的に高くなります。高血圧の影響は脳梗塞だけでなく、動悸や息切れ、その他の慢性疾患の原因にもなり、生活習慣病を呼び込みやすくなります。

大きな意味で、血液ドロドロという状態は健康上の大きな懸念材料になることがわかります。


血液をサラサラにするには!!



この血液ドロドロの状態を改善し、サラサラな状態にできれば、血行が良くなり、新陳代謝も活性化して、上記に挙げた病気のリスクを大きく下げることができます。その具体的な方法を解説します。

1.食事の改善

これがいちばん基本になります。油ものを減らして、低カロリーのものを食べるということは基本ですが漠然としすぎていますので、具体的に血液の改善に良い食べ物を紹介します。キーワードは「オサカナスキヤネ」=「お魚好きやね」です。


・キーワード「オ」
「お茶」です。お茶に含まれるポリフェノールやカテキンが、コレステロールを下げ、活性酸素を抑制する抗酸化作用を持っています。

・キーワード「サ」
「魚」です。魚に含まれるDHA、EPAが血液の状態を改善することは広く知られています。DHA、EPAは不飽和脂肪酸という油の一種なのですが、血液をドロドロにする油とは逆の働きをします。ただし、なかなか魚だけで摂取するのは難しく、サプリなどを併用する人もいます。

・キーワード「カ」
「海藻」です。海藻に含まれるヨードが新陳代謝を活性化し、海藻のぬめり(アルギン酸)が血中のコレステロール値を下げます。

・キーワード「ナ」
「納豆」です。大豆ではなく納豆になっていることが大事で、納豆の「ナットウキナーゼ」(納豆菌から作られる)と言う成分が血栓を溶かしていきます。

・キーワード「ス」
「酢」です。酢に含まれるクエン酸(酸っぱいもとですね)が血液中の老廃物の排出を促進し、さらに血圧を下げる効果があります。特に黒酢が有効ですが、飲みにくいようであれば、クエン酸入りの飲み物(梅ジュースなど)でも効果があります。

・キーワード「キ」
「きのこ」です。きのこに含まれる「エリタデニン」などのアミノ酸がコレステロールを下げるのに役立ちます。また、豊富な食物繊維も便秘の解消や老廃物の排出を促し、血液をサラサラにするのに貢献します。特に干ししいたけなど乾物は、アミノ酸などが凝縮されていてお勧めです。

・キーワード「ヤ」
「野菜」全般のことを言います。ビタミンCやビタミンE、ミネラル、食物繊維などによって新陳代謝機能が向上し、コレステロールの蓄積を防ぎます。特にトマトに含まれる「リコピン」は非常に有効な成分で強力な抗酸化作用をはじめ、血液の状態を健康に保つことに役立ちます。

・キーワード「ネ」
「ネギ」です。玉ねぎが血液に良いという話は有名ですが、これは「硫化アリル」というあの涙が出る原因となる成分が、血液が固まるのを防ぐ作用があるからです。硫化リアルは玉ねぎだけでなく、長ねぎなどネギ類に共通して含まれる成分ですが、特に玉ねぎに多く含まれているものです。

このような食べ物を優先的に摂取することで、血液の状態をサラサラにしていきます。当然、動物性の油は避けるようにしないと効果が下がってしまいますので注意してください。

2.運動や生活習慣の改善

運動によってカロリーを消費し、新陳代謝を促すことや規則正しい生活を送ることで、代謝機能が乱れることを防いでいきます。

どんなに食事に気をつけていても、この部分がおろそかになってしまっていては、うまくいきません。食事の改善が大前提ですが、こちらも「両輪」として取り組んでいただくことが大切です。


血液をサラサラにすることは健康上大きなメリットがありそうです。しかし、特に食事の改善は容易ではありません。忙しい毎日の中で、上記の事項に気をつけて食事をしようとすれば外食ではなく自炊になります。

しかし、そのような時間や手間をかけることが難しいのも事実です。何か良い方法はないのでしょうか?


青汁を飲んでサラサラ血液に!



そこでお勧めしたのが青汁です。青汁は、ケールや大麦若葉、明日葉と言ったそのままでは食べにくい葉物野菜を砕いてジュースにしたものです。

無添加のものであれば、カロリーを気にせず野菜ジュースと同じ感覚で飲むことができヘルシーです。この青汁は通常の野菜ジュース以上に、血液をサラサラにすることに貢献できます。


青汁の原料は、その商品によって異なっていますが、上記の3種類の野菜を中心に複数の野菜をミックスしたものです。どんな青汁であっても上記キーワードの「ヤ」(野菜)は満たしていて、豊富な食物繊維やミネラル、ビタミンによって血液の状態を改善していきます。しかも、青汁はそれだけではありません!

青汁の種類によっては「お茶」や「海藻」がブレンドされているものもあるのです。つまり、キーワード「オ」「カ」も満たす商品があるということ。


これによって、より複合的な効果で血液をサラサラにすることが可能です。商品は色々存在しますので、ネットショップや比較サイトで簡単に原料から検索することができます。

青汁は、1パック単位、あるいは1杯分の粉末単位で売られていることが多く、手軽に飲むことができます。時間がない人でも、朝会社に行く前や夜寝る前ならば、「ぐっ」と飲んで血液をサラサラにする成分をチャージでします。


会社に常備していて、昼食時に飲むことも可能。携帯もできるので、旅行や出張先でも大丈夫です。時間がかからず、手間もいらない、これが青汁の強みです。食事で改善するよりもはるかに簡単に血液サラサラ成分を摂取できます。

ワーファリンを飲んでいる方は要注意!



ただし、1点注意があります。血液がサラサラになるということは、程度によってはサラサラになる過ぎるということです。既に「ワーファリン」などの血栓治療薬や高血圧薬を飲んでいる人は、特に注意してください。


薬によって固まらなくしている血液がさらにサラサラになり、出血した時に止まらなくなります。怪我だけでなく、打撲(内出血)や抜歯などを行った時にも出血は起きます。この薬を飲んでいる人の注意事項は、青汁だけではなく「オ」~「ネ」のすべてのキーワードの食べ物に共通するものです。

もし、血栓治療薬を飲んでいる人がいましたら、青汁を試す前に必ず医師に相談してください。飲むのをNGにされるか、あるいは少量ならばOKになるのか、これは薬の量と血液の状態などを医師が総合的に判断して下しますので、素人判断は絶対に避けてください。


青汁によって血液がサラサラになりそうだということがわかりました。ただし、青汁は薬ではありませんので、上記「ワーファリン」のような確実な効果があるわけではなく、健康補助食品としての位置づけですのでご留意ください。

運動や生活習慣の改善も合わせて行うことが大切ですし、食事内容もキーワードに沿って注意してください。「プラスα」で青汁を飲むという感覚でいるといいと思います。

この章のまとめ

  • 血液がドロドロの状態は、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクを高め、高血圧につながるので健康上良くない
  • 血液をサラサラにするためには、有効な成分を持つ食べ物を食べるとともに、油ものなどを控える
  • 運動なども合わせて行うことが必要
  • 血液をサラサラにする成分が青汁には多いので、日常的に飲むと良い
  • 血栓治療薬を飲んでいる人は青汁の服用には注意が必要。医師に相談する

血の巡りが良いと、エネルギーも生まれやすくなり、健康で活動的な生活を送ることができます。青汁をそのきっかけにしていただければと思います。



みんなが選ぶ、青汁の人気ランキング!

神仙桑抹茶ゴールド
神仙桑抹茶ゴールド
デトックス効果の高い桑の葉や緑茶、シモンを主原料としているため、ダイエッターにおすすめの青汁です。青汁らしからぬ、お茶のような渋みのある味わいが特徴です。


黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
自然豊かな北海道原産のクマイザサに、約40種の植物エキスを配合した寒天タイプの青汁です。食物繊維の力ですっきりお腹へ。黒糖風味で味も美味しく、プルンとした食感も楽しめます。

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁
大麦若葉・明日葉・クマザサなどの青汁原料に加え、フルーツ・野菜エキスを配合した飲みやすさ満点の青汁です。すっきりお腹に嬉しい栄養がギュッと詰まっているので、便秘やダイエット中の方におすすめです。