更年期障害でお悩みの方は必見です!

更年期障害のツライ症状を改善するには青汁がおすすめ!



女性の場合「更年期障害」というつらい症状に悩まされることがあります。特に中高年に差し掛かるとさまざまな要素が重なって心身に不調が起きてしまいます。

そうした更年期障害を少しでも緩和し、穏やかで健康な生活を送るための方法について、ここでは考えていきたいと思います。是非とも参考にしてみてください。


更年期障害とは?

まず、更年期障害とはどのようなものなのか共通の理解を深めておきましょう。まず、「更年期」という時期ですが、特に決まった定めはありませんが、おおよそ『45歳~55歳』くらいだと考えてください。女性の体内の変化とホルモンの分泌が関係しています。

1.更年期障害の症状

具体的にどのような症状が「更年期障害」と呼ばれるのでしょうか。


(1)自律神経症状
ホルモンバランスの乱れなどが自律神経に影響を与えて、自律神経失調症を引き起こします。自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経の切り替えができなくなり

・動悸
・発汗
・緊張
・吐き気
・不眠
・頭痛

などが起きる症状です。内臓に問題はないので、薬の服用で抑えることはなかなか難しく、体調不良が続くことになります。


(2)精神症状
自律神経症状から一歩進んでだものとして、精神の不調が出る場合があります。簡単にいうと、うつ病のような症状です。ただし、うつ病は脳のセロトニンが不足して起きる病気ですが、更年期障害の抑うつ感はそれとは関係ないので、同じアプローチはできません。抑うつ感以外にも、

・情緒不安定
・イライラ感
・不安感
・怒りっぽくなる
・意欲の低下

などが起きることがあります。


(3)身体症状
更年期障害によって、自律神経系ではない身体の不調も出ることがあります。具体的には
・肩こり、腰痛
・肌荒れ、湿疹
・手足の痺れ、むくみ

などです。

3.更年期障害の原因



更年期障害といわれるものは以下のようなことが相乗的に組み合わさり現れるものになります。


(1)女性ホルモンの減少
35歳を過ぎると妊娠がしづらくなるといわれますが、これは卵巣の機能が低下し、女性ホルモンのバランスが乱れ、分泌量が減少するからだといわれています。更年期の時期45歳~、になるといよいよ女性ホルモンの分泌が減少します。

妊娠の可能性云々ではなく、月経が乱れ、来なくなり、やがて閉経してしまう時期になります。これまで思春期から定期的にあった月経がなくなる過程で、女性ホルモン、特にエストロゲン分泌が鈍る中で起きるのが第一のもっとも重要な原因です。

月経→閉経に至る過程で起きる、女性ホルモンの減少ということが更年期障害の重要な要素になります。なお、閉経後はこのような症状は治まっていきます。閉経前の最後の時期に起きるのが更年期障害です。


(2)本人を取り巻く環境
誰でも更年期障害が起きるわけではなく、女性ホルモン以外の要素も関係します。周囲の環境、子育て(子どもの入学、卒業、就職)や仕事上のストレスなどが激変する時期でもありますので、それが更年期障害の引き金になることが考えられます。


(3)本人の要因
生まれ持った、環境以外の本人の要因が関係することがあります。生理が軽い人、重い人がいるように更年期障害も、個人差があります。

3.更年期障害の診断

自分が更年期障害なのか、単に一時的な不調なのかは、病院での診察でわかります。


(1)血液ホルモン検査
更年期はまだ月経がありますので、血液中のホルモンバランスを検査してその異常を調べます。更年期障害の状態では、脳から異常な性腺刺激ホルモンが出ているといわれています。閉経後、ホルモンは安定します。こちらは産婦人科などで受診可能です。


(2)複数の診療科目による診断
ひょっとすると、更年期障害ではなく他の病気かもしれません。場合によってはそれ以外の可能性も疑ってみましょう。具体的な類似症状の病気として

・うつ病(精神科、心療内科)
・(ホルモンに由来しない)自律神経失調症(内科、精神科)
・メニエール病(耳鼻科)

などが考えられます。それぞれ治療法は異なりますので、個人的な判断は避けてください。


更年期障害の治療法



更年期障害の症状が出てしまった場合、以下のような治療法が実践されています。

1.ホルモン補充療法

ホルモンが減少して更年期障害が起きていますので、エストロゲンを中心としたホルモンを飲むことで、ホルモンバランスを調整する方法です。薬が効けば、1か月ほどで症状は改善するといわれています。

ただし、この方法を取ると乳がんのリスクが3割~4割高くなるという研究もあります。定期的な健診もあるので、それほど深刻に考える必要はないかもしれませんが、頭に入れておいてください。

2.精神療法

うつ病などの精神疾患の改善に近いアプローチをします。ホルモンの乱れだけではなく、環境の要因が大きい人に効果があります。精神薬やカウンセリングを併用して治療を行います。

ただし、精神療法一般にいわれるように、精神薬には大きな副作用が伴います。その副作用が更年期障害以上にきつくなることも考えられるため、よく医師と相談をしながら治療を行うようにしてください。

3.生活習慣の改善

睡眠を十分に取る、適度な運動、ストレスのない生活、バランスのよい食事など、健康一般によいことももちろん、更年期障害の症状を緩和します。ただし、これで完全に抑えることは難しく、あくまで補助的な役割になります。

更年期障害は、閉経後は症状が治まりますので、そこまでどう症状を抑えていくのかが重要になります。


更年期障害の予防法



更年期障害は閉経前の女性すべてに発症するわけではありません。人によっては全く不調がない状態で生活を送ることも可能です。なるべく、症状が出ないように予防するための方法として、以下のことが挙げられます。

1.食生活の改善

エストロゲンの分泌減少によるホルモンバランスの乱れが自律神経に影響するために、更年期障害が起きますが、自律神経が乱れないような食生活を行うことで、ある程度影響を防ぐことができます。

糖分、脂肪分過多の食事は、加齢による新陳代謝機能の低下もあって自律神経に悪影響を与えてしまいます。このことはエストロゲン関係なく、自律神経失調症が起きる可能性もあるということを示しています。

2.ビタミン群の補給

ビタミン群(ビタミンA、ビタミンB、・・・)にはホルモンバランスの調整機能や、自律神経を鎮める効果があるものがあります。特に

・ビタミンB1:自律神経を調整する
・アリシン:ビタミンB1の吸収を助ける
・ビタミンE:ホルモンバランスを調整する

などが更年期障害には効果的です。そのほかのビタミンも健康維持という面では無駄にはなりません。積極的に摂取したいものです。

3.有酸素運動

自律神経を整えるためには、定期的な運動、特に「有酸素運動」と呼ばれるものが有効です。難しく考える必要はなく、ウォーキングやジョギングなどを一定のリズムで30分以上行うことが大切です。

激しいランニングなど身体に負荷がかかるようなことをする必要はありません。できる範囲で継続して一定時間運動を行うことで、自律神経が整ってきます。

このようなことを継続していくことで、更年期障害の予防効果が期待できます。

なお、更年期障害は風邪やインフルエンザのように、原因がなくなったから「完治」というものではありません。症状が治まってもまた出てくる可能性はありますし、誰でも症状が出る可能性があるものだと思ってください。もっといいますと、男性の更年期障害も(ごく少数ですが)あるといわれています(女性ホルモンは男性にもありますので)。男性の方も全く関係ないというわけではないようです。


青汁は更年期障害の予防・改善に効果的



青汁が更年期障害の予防や改善に効果的だと言うことはご存知でしょうか。青汁は薬ではないので、これだけで直すということはできませんが、症状の改善や予防をサポートするものとして是非飲んでいただきたいものになります。その理由は以下のとおりです。

1.ホルモン分泌を助け、ホルモンバランスを改善する成分

エストロゲンなどのホルモン分泌が正常になれば、自律神経への影響も避けられます。青汁にはホルモンに対して効果的な成分が多く含まれています。

■ビタミンE
ホルモンバランスの改善、血行促進による新陳代謝の活性化効果があります。

■ビタミンB6
エストロゲンをはじめとした女性ホルモンの働きを助けます。

■カルシウム
ホルモンの分泌機能を維持します。

■亜鉛
女性ホルモンの働きを高めます。

2.更年期障害の症状を抑える成分

既に出てしまっている更年期障害の症状を抑える成分も、青汁には含まれています。症状の改善、緩和につながります。


症状の改善に有効な成分は

・抗酸化作用:アンチエイジング効果=加齢の予防で、ホルモン減少のスピードを抑える
・消炎作用:血管を丈夫にして栄養が行きわたり、肌荒れなどを防ぐ

という2つの効果を念頭に考えます。

■ビタミンC
抗酸化作用と消炎作用があります。肌荒れ改善や美容効果があり、化粧品などにも含まれているものです。

■βカロチン
やはり、抗酸化作用があります。皮膚を丈夫にして乾燥を防ぎます。

■SOD酵素
非常に強い抗酸化作用のある成分として有名です。青汁にはこれが豊富に含まれています。

■ポリフェノール
こちらも抗酸化作用があります。ブドウなどに多く含まれているものとして有名ですが、青汁にもあります。

■ビタミンK
消炎作用があります。血管を丈夫にするのに役に立ちます。


このように、青汁に含まれている栄養素を解説していくと、更年期障害に有効なものばかりが含まれていることがわかります。実際に症状が出てから飲んでも、緩和効果が期待できますし、予防的に飲んでいると、ひょっとすると更年期障害が出なくて済むかもしれません。

40歳を過ぎたらといわず、35歳を過ぎたあたりから青汁を飲み始めていただいて、更年期障害を予防することにつなげていただければと思います。

ただし、繰り返しますが、青汁は薬ではないので、実際につらい症状が出たらまず病院に行き、医師の診察を受けてください。


この章のまとめ

  • 更年期障害は加齢によって女性ホルモン、特にエストロゲンの分泌が弱くなり、それが自律神経に影響して起きる
  • そのほかのストレスなどの環境が影響することもある
  • 症状は自律神経の異常や、抑うつ症状など多岐にわたり非常につらい
  • 薬などで改善するが、ガンのリスクが高くなるなどマイナス面もある
  • 青汁には、ホルモンを正常化させ、症状を抑える効果がある
  • あくまで青汁はサポートとしての位置づけで、症状が出たら病院へ行く



みんなが選ぶ、青汁の人気ランキング!

神仙桑抹茶ゴールド
神仙桑抹茶ゴールド
デトックス効果の高い桑の葉や緑茶、シモンを主原料としているため、ダイエッターにおすすめの青汁です。青汁らしからぬ、お茶のような渋みのある味わいが特徴です。


黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
自然豊かな北海道原産のクマイザサに、約40種の植物エキスを配合した寒天タイプの青汁です。食物繊維の力ですっきりお腹へ。黒糖風味で味も美味しく、プルンとした食感も楽しめます。

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁
大麦若葉・明日葉・クマザサなどの青汁原料に加え、フルーツ・野菜エキスを配合した飲みやすさ満点の青汁です。すっきりお腹に嬉しい栄養がギュッと詰まっているので、便秘やダイエット中の方におすすめです。