二日酔いの予防・解消には青汁が効果的!

飲み会後の二日酔いや胃もたれ、青汁で解消できる?



飲み会などで飲み過ぎてしまい、二日酔いに苦しむ、あるいは胃もたれや吐き気で大変な思いをしてしまう、そんなことも場合によってはありますよね。

避けられない飲み会の席で、断れずに飲まなくてはいけない、そうした「大人の付き合い」が大変という人もいらっしゃると思います。


あらかじめ予防薬を飲むという方法もありますが、なるべく負担なく体にやさしい形で二日酔いなどを解消できればありがたいですよね。そんなときの1つの方法として青汁を取り入れてみてはいかがでしょうか。


二日酔いや胃もたれの原因について



まず、なぜお酒を飲み過ぎたときに二日酔いや胃もたれになるのか簡単に理解をしておきましょう。

1.二日酔いなどの原因

人間はアルコールを摂取するとそれを肝臓で分解、代謝を行うわけですが、その量には限度があります。アルコールを分解するための酵素=アセトアルデハイド脱水素酵素は個人によって分泌量に差があります。

酵素が多い人=お酒に強い人
酵素が少ない人=お酒に弱い人

であり、人によっては酵素がない人=下戸、お酒が飲めない人もいます。これは訓練で多く分泌できるようになるわけではありません。酵素で分解できる量以上のアルコールを摂取してしまうと、血液中のアルコール濃度が濃くなり、分解できず酔いが回ります。


二日酔いや胃もたれはそうした、分解できないアルコールを原因として、さまざまな症状として出てしまっている状態です。アルコールを分解する際には大量の水分を必要とするため、一時的に脱水症状に近い状態になることがあります。

アルコールには利尿作用もあるためトイレが多くなるのもそのためです。お酒を飲み過ぎた場合、水を飲ませるといいというのはこのためです。


そのほか飲酒にともない胃の塩酸分泌や酸素不足、低血糖症状が引き起こされます。翌日になっても二日酔いになるのは、アルコールが何とか代謝できても、胃の異常や脱水症状が残るからなのです。それが解消されない限り、二日酔いはおさまりません。

2.症状について

二日酔いなどは全身がアルコール中毒状態になっていて、代謝できていない状態が続いています。そのため、以下のような症状が起きてしまいます。

・頭痛
・吐き気、嘔吐
・胃もたれ
・喉の渇き

さらに、アルコールが完全に消えていない状況では、酔いの症状である酩酊感やふらつきが残ってしまうこともあります。


二日酔い、胃もたれの予防



このような症状は非常につらく、「もう2度とお酒は飲まない」と覚悟をするほどなのですが(そしてすぐにまた飲んでしまいますが・・・)、予防するためにある程度できることがあります。それを以下で解説します。

1.予防法

まずは二日酔いにならないための予防法を説明いたします。お酒の量を控えるということは当然として、それに加えて以下の方法を併用するとある程度予防できます。


(1)代謝を高めるものを事前に摂取する
肝臓の機能を高めるものを事前に摂取しておきます。市販されている予防薬のほか、ウコンドリンク、牛乳などがよいといわれています。


(2)おつまみを積極的に食べる
おつまみは単に食欲を満たすだけのものではなく、アルコールの作用を弱めて悪酔いを防ぐ働きもあります。ビタミンCは悪酔いを防ぐのですが、枝豆やジャガイモに豊富に含まれます。おつまみの定番が枝豆やポテトフライなのは理由があるのですね。

そのほか、オクラや長芋、梅などにも二日酔いを防ぐ効果があります。おつまみを工夫して、飲酒中はお腹を空にしないようにしましょう。


(3)水分を補給する
水などを飲みながらお酒を飲むと脱水症状になりにくくなります。「チェイサー」というのは実に効果的なものだったのですね。吸収しやすいようにある程度塩分あるもの(スポーツドリンク)などのほうがより効果があります。

2.解消法

このように予防法を実践しても、実際に二日酔いになってしまった場合はあります。その場合、症状を解消する方法を説明いたします。


(1)対頭痛
頭痛の原因はアルコールによって血管が拡張していることによります。逆に血管を収縮させることができれば頭痛はある程度はおさまります。そのためには、カフェイン(コーヒー)や牛乳を飲むといいとされています。

頭痛薬を飲めばいいという意見もありますが、副作用の可能性もあり(後述)あまりお勧めできません。


(2)対脱水症状
利尿作用のあるアルコールによって引き起こされる脱水症状を解消する方法としては、吸収しやすいものを飲むのがいちばんです。

・スポーツドリンク
・お味噌汁
・お茶


(3)対低血糖症状
アルコールの代謝のため、肝臓がフル稼働するため糖分の生産が弱くなります。そのために起きる低血糖症状を改善するためには、以下のものを摂取するといいといわれています。

・スポーツドリンク
・フルーツジュース(柑橘系:レモン、オレンジ、グレープフルーツなど)
・コーンフレークなどの消化の良い炭水化物


(4)対アセトアルヒハイド
アルコールの代謝の過程で生じる「アセトイアルヒハイド」を分解できないために二日酔いの症状が起きます(前述のとおり)。このアセトアルヒハイドの分解に役に立つのが以下のものです。

・シジミ(オルチニンが効きます)
・ひまわりの種
・ゴマ


(5)対胃酸過多
アルコールによって胃酸過多になり、胃もたれや胃痛が起きます。それに対処するためには、生姜などが効果的だといわれています。

書いていくときりがないので、このくらいにしますが、お酒を飲む際に

・枝豆
・グレープフルーツジュース
・シジミのお味噌汁

などがいいといわれるのは、実は科学的な効果があったというわけですね。


■二日酔いに効く栄養素まとめ

特徴 食材
タンニン アルコールやアセチアルデヒドと結合し、
排出を促進する
柿、茶葉・・・など
タウリン アセトアルデヒドの分解を促したり、
肝臓を守る働きがある
タコ、イカ・・・など
アラニン 必須アミノ酸で、アルコールの分解を
サポートする
しじみ、あさり・・・など
ビタミンC アセトアルデヒドを分解する パプリカ、トマト・・・など

3.やってはいけないこと



逆に、二日酔いになってしまったときにやってはいけないことがあります。民間療法としてよさそうだと思われていることでも、実はよくないということがありますので注意してください。


(1)運動、サウナ
汗を出してアルコールを排出すればいいという意見がありますが、逆効果です。アルコールの排出以上に脱水症状が進んでしまいます。

ランニングやサウナは非常に危険な行為なので、絶対にやめてください。


(2)迎え酒
二日酔いの状態でさらにお酒を飲むという「迎え酒」がありますが、これも絶対にやめてください。そもそも、アルコール過剰でこのような症状が出ているので、さらにアルコールを追加するというのは自殺行為です。

迎え酒が効きそうだというのは、追加したアルコールによって脳をマヒさせているだけです。当然、二日酔いの症状はさらに長引くことになります。


(3)頭痛薬等の服用
頭痛薬などの薬は効きそうですが、避けていただきたい場合があります。薬もアルコールと同じで肝臓で代謝されますが、肝臓がアルコールの代謝でその負荷いっぱいになっている状態で薬を飲むと、分解できない薬の成分が直接全身に回ります。

要するに想定以上の効果が出てしまうことがあり、副作用として現れてしまいます。また、逆に薬の代謝が優先された場合、アルコールの代謝が遅れて二日酔いが長引いてしまいます。


アルコール+薬を代謝できる肝臓の機能は増えないということを理解してください。

なお、特に二日酔い向けに作られている薬についてはこの限りではありません(ただし、薬の飲み過ぎには注意してください)


青汁はお酒が好きな方の強い味方です



二日酔いの予防や解消に効果的だと言われているのが青汁です。青汁は健康食品であり、二日酔いの薬ではないので直接的にはっきりとした効果があるというわけではありませんが、お酒を飲む人の身体をサポートする効果が期待できます。

具体的には以下の効果が期待できます。

1.アルコールを分解する

ケールなど青汁の原料となっている野菜には、アルコールの分解を助ける成分が含まれています。

2.代謝をよくする

青汁に含まれるビタミン類は、体内の新陳代謝をよくする働きがあります。これは、肝臓などの代謝機能を高めることにも役に立ちます。代謝機能が高くなれば、同じ量のアルコールを摂取したとしても、二日酔いなどになりにくくなります。

3.胃を守る

青汁に含まれるビタミンUなどは胃の粘膜を守り、アルコールによって荒れてしまった胃を修復する働きがあります。飲酒前に青汁飲む、お酒と並行して青汁を飲む、お酒の後に青汁を飲む、いずれも胃を守る効果があります。

4.食欲の改善

青汁によって胃が守られ、胃もたれや吐き気が起きにくくなります。それによって、食欲も戻ってきます。二日酔いの後、無理やり食べることはお勧めしませんが(一定時間胃を空にしたほうがいいです)、その後食欲を回復させる意味では、青汁はお勧めです。

このような働きがありますので、お酒を飲む人にはお勧めいたします。ただし、青汁を飲めば万事OKということではありませんので注意してください。二日酔いなどになりにくい効果があるということです。無理な飲酒は避けていただくようにお願いいたします。


念のため確認しておきますが、アルコールの分解酵素は生まれ持ったものですので、青汁をいくら飲んでも(青汁以外の方法でも)、「アルコールに強くなる」ことはできません。

「アルコールに強い体質」を作ることはできないので注意してください。

この章のまとめ

  • 二日酔いはアルコールが代謝できずに体内にとどまり、巡ることで引き起こされる。
  • 脱水症状、低血糖、胃の荒れなどが合わせて引き起こされるため、アルコールが抜けても症状が残ってしまう
  • 二日酔いなどを予防するためには、代謝を高めるものを食べて、水分を十分に補給することが必要である
  • 牛乳や柑橘系のジュース、シジミなどは二日酔いの症状を解消する役割がある
  • 「迎え酒」などの民間療法は避ける。薬も専門のものを服用する
  • 青汁にはアルコールの分解を助け、代謝機能を高め、胃を守る働きがある

みんなが選ぶ、青汁の人気ランキング!

神仙桑抹茶ゴールド
神仙桑抹茶ゴールド
デトックス効果の高い桑の葉や緑茶、シモンを主原料としているため、ダイエッターにおすすめの青汁です。青汁らしからぬ、お茶のような渋みのある味わいが特徴です。


黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
自然豊かな北海道原産のクマイザサに、約40種の植物エキスを配合した寒天タイプの青汁です。食物繊維の力ですっきりお腹へ。黒糖風味で味も美味しく、プルンとした食感も楽しめます。

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁
大麦若葉・明日葉・クマザサなどの青汁原料に加え、フルーツ・野菜エキスを配合した飲みやすさ満点の青汁です。すっきりお腹に嬉しい栄養がギュッと詰まっているので、便秘やダイエット中の方におすすめです。