白髪が減少する?青汁でハリコシのある黒髪を手に入れる!

白髪が減少する?青汁でハリコシのある黒髪を手に入れる!



いつまでも美しい髪の毛を維持したいというのは女性だけではなく、男性も含めた共通の願いだと思います。しかし、加齢によって白髪になる、髪のハリやコシがなくなるといった美髪が失われるだけではなく、薄毛という問題にも直面してしまいます。

ここでは、特に髪の毛の「質」について解説し、それが青汁によって改善される可能性があるということを説明したいと思います。


いつのまにか白髪が発生!その原因は?

まず、白髪になる原因について考えます。正直なところ、なぜ白髪になるのか、そのメカニズムは完全には解明されていません。しかし、以下に挙げる要素が関係しているといわれています。それぞれの要素が多ければ白髪になりやすいといえそうです。

1.遺伝

「白髪の家系」などといわれますが、遺伝的な要素があるといわれています。特に若白髪や子どものときに白髪が目立つなどの場合は、遺伝的な要素が強いようです。髪の黒さであるメラニン色素が送り込まれにくい体質が遺伝するといわれています。

2.加齢

加齢によって白髪が増えるのはご存じのとおりですが、これも個人差がありますよね。加齢によって「過酸化水素」が過剰に分泌されることと、成長ホルモンが鈍ってしまうことの2点が挙げられます。髪が黒い人はこのような乱れが少ない人です。

3.ストレス、体調不良、病気

「ストレスで髪が真っ白になってしまった」などといわれますが、これは大げさな例えではなくて実際に起こり得ることです。ストレスや体調不良が重なると、活性酸素が暴走して、メラニン色素(=髪の黒さのもと)の生成を阻害します。

そのほか、貧血などの体調不良や甲状腺異常などの病気でも白髪になる可能性があります。そして、妊婦さんの場合もお腹の赤ちゃんに優先的に栄養がいくため、それが白髪の誘因となってしまうことがあるようです。

4.栄養不足

髪の毛を黒くするための栄養が、根本的に不足しても白髪になります。具体的には以下の栄養が不足すると、白髪になるといわれています。

①チロシン
メラニン色素の原料となる必須アミノ酸です。必須アミノ酸とは体内で合成できないアミノ酸で食べ物から摂取するしかありません。

②フェニルアラニン
やはり必須アミノ酸です。これはチロシンを合成します。チロシン単体での摂取もできますが、フェニルアラニンから合成することもできるということです。いずれにせよ、メラニン色素の原料です。

③ビタミンB12、葉酸
ビタミンB12はメラニン色素生成を助ける栄養素、葉酸は血液を作る作用があります。血液が足りない=貧血だと、黒髪に必要な栄養が行きわたらず白髪になってしまいます。

④銅
あの金属の銅です。メラニンを作るためのミネラルです。レバーや海産物に多く含まれます。そのまま銅を食べることはありませんが、銅鍋などから染み出したものを摂取することも可能です。

5.ヘアケア製品の使い過ぎによる過酸化水素過多

脱色剤に含まれる過酸化水素によって白髪になることがあります。過酸化水素は脱色剤だけでなく、ヘアスプレーやシャンプーなどの髪をケアする製品にも含まれてます。さらに、歯磨き粉などにもあり、これが経口摂取されて、髪に影響を与える可能性もあります。

6.生活習慣の乱れ

飲酒や喫煙が白髪の原因になることがあります。また、睡眠不足による疲労の蓄積やストレス、紫外線を浴びすぎることなどもよくありません。


以上まとめると、白髪の原因は

  • ①メラニン不足(色素が足りない)
  • ②過酸化水素の蓄積(漂白作用)
  • ③髪の栄養不足(髪の元が足りない)

の3つにまとめることができます。


白髪に加えてハリ、コシもなくなってきた・・・



白髪にならなくても、髪の美しさが失われてしまうことがあります。つまり、髪のハリやコシが損なわれる状態です。こうなってしまう理由には以下の原因が考えられます。

1.加齢

白髪と同じように加齢が髪の質を下げてしまいます。加齢によって毛根細胞の活動が弱くなり、髪のボリュームがなくなります。

また、頭皮が衰えて毛根がゆがんで住まうことがあり、これが細くて元気のない髪の毛を生んでしまいます。正常な毛が生えなければ、くせがありゆがんだ髪の毛になります。結果としてハリやコシ、ツヤなどが損なわれてしまいます。

2.血行不良

頭皮の血行が悪いと、毛髪に必要な栄養素が行きわたらなくなります。白髪にならなくても、弱い髪の毛になってしまい、これが髪からハリやコシを失わせます。

3.女性ホルモンの乱れ

エストロゲンなどの女性ホルモンが乱れると、毛髪の発達が遅れてハリやコシが失われるだけでなく、場合によっては薄毛などにもつながってしまいます。エストロゲンは月経などのときに乱れやすく、微量のバランス崩壊でも体調面で大きな影響を与えます。

また、閉経後はそのバランスは大きく変わってしまいます。

4.髪へのダメージ

ヘアアイロンを当てすぎる、シャンプーが強い、脱色剤などを使いすぎるといったことは直接的に髪にダメージを与えてしまい、ハリやコシを失わせてしまいます。あまり、髪の毛を刺激しすぎないようにしないといけません。

5.生活習慣の乱れ

食生活の偏り、睡眠不足、ストレスといった生活習慣上の問題も、髪の毛の質に影響します。当然ですが、これらを改善していくことが必要になります。

白髪の原因とは違う要素がありますが、共通して生活習慣を改善することや髪へのダメージを減らすことなど、合わせて取り組めることがありそうです。


健康な髪の毛を取り戻すためには



以上白髪や髪の質が悪化することの原因についてまとめました。これを改善するためにはその逆を行うことが必要になります。

先ほど説明させていただいたように、白髪の原因は

・メラニン不足
・過酸化水素過剰
・髪の栄養不足
・成長ホルモン不足


などであり、ハリやコシが失われる原因は

・血行不良(栄養不足)
・女性ホルモン不足


などで、共通するものとして

・加齢
・生活習慣の乱れ


などとなりますが、ここから考察しますと

必要な栄養素を摂取して、血行をよくして頭皮や髪の毛に行きわたらせること、ホルモンバランス全般を改善することなどが必要だということがわかります。

これを可能にする方法について以下で紹介いたします。


白髪予防におすすめのケア


1.必要な栄養を摂取する

髪のよい栄養素とは以下のようなものが考えられます。

・チロシン
・ビタミンB群
・葉酸
・銅
・亜鉛

など。


これらは白髪だけでなく、ハリやコシなど髪の質の向上にもつながります。

一方で、過剰な糖分や脂肪は成長ホルモンなどを阻害する結果となりますのでよくありません。また、お茶やコーヒーには過酸化水素が含まれていて、これは直接的に白髪の原因を摂取することになるため避けたいものになります。

2.血行をよくする

頭皮の血のめぐりがよくなれば必要な栄養が行きわたります。ビタミンB群や葉酸によって血行を改善する方法もありますし、DHA、EPAなどのサプリにも血行改善の効果があります。

頭皮のマッサージなども効果的です。髪を毎日しっかり洗って、頭皮周辺の環境をよくすることも大切です。一方でストレスなどを避けて、健康的な生活を送ることも重要です。

3.ホルモンバランスを整える

・成長ホルモンの阻害→白髪になる
・女性ホルモンの不足→ハリ、コシが失われる


というように、ホルモンバランスがよくないと髪の質が悪くなります。

合わせて

・男性ホルモンの過剰→薄毛、抜け毛になる

という原因にもなります。いずれにせよ、ホルモンバランスが整っていることが重要です。加齢によってどうしても若いときのようにはいかなくなります。食事や生活習慣の改善によって、少しでも状態をよくしていきましょう。

逆効果!白髪は抜いちゃダメ?!

「白髪を抜くと増える」などといわれますが、あまり好ましくないケア方法です。結論をいうと、増えることはありませんがし、あまり抜きすぎていると髪の毛を作り出す毛乳頭を破壊してしまうことがあります。意味がありません。

毛乳頭があれば、髪は生えてきます(基本的に白髪ですが)。しかし、髪を抜きすぎて刺激を与え続けると、毛乳頭が破壊されて髪自体が生えてこなくなってしまいます。

そうではなくても頭皮に炎症が出てしまうことがあり、よいことはありません。少なくとも毛を抜くことで髪の質の改善は(ハリやコシも含めて)ないと思ってください。根本的な原因の解決が必要です。


青汁を飲むだけでハリ、コシのある黒髪が手に入る?



髪の質の改善にはさまざまな取り組みが必要なことがわかりました。そこで青汁になります。青汁によってこれらが劇的に改善することが可能なのでしょうか。

結論をいいますと、それだけでは難しいですが少なくとも悪い効果はないということです。

まず、青汁の成分を考えます。

青汁には

・ビタミンB群
・葉酸
・亜鉛
・カルシウム
・マグネシウム


などが豊富に含まれています。


これらは吸収されると

  • メラニンの生成を助ける
  • 血行促進
  • 毛髪の生成を助ける
  • ホルモンバランスを改善する

などの効果が期待できます。もちろん、これだけですべて大丈夫ということではありませんが、上記のような髪の質の改善に役に立つ効果がかなりあることがわかります。

日常的に飲んでいただくことで、白髪を防ぎ、ハリやコシのある髪の毛を作っていくことのサポートをするものだということがわかります。


また、直接的な効果ではありませんが、青汁は心を落ち着けることにも役に立ちます(睡眠がとりやすくなります)。しっかりと眠ることで、ストレスの改善や体調維持にもつながります。

眠っているときには多くのホルモンが分泌されます。ここでも、ホルモンバランスの維持に役に立つということです。あくまで、サポートするためのもので薬ではありませんが、決して無駄にはならないと思います!

青汁には薄毛にも効果がある?

ここではあまり言及しませんでしたが、青汁は薄毛に対しても有効な成分を含んでいます。

薄毛になることにはさまざまな原因があり、それぞれ対処法も異なるのですが、

  • 頭皮の血行が悪くなる
  • 男性ホルモンが過剰になる(ホルモンバランスの崩壊)
  • ストレスなどの健康面での悪要素
  • 髪を作る成分そのものの不足(亜鉛など)

などが複合的要因として挙げられます。

青汁にはこれらを改善する成分があることは上で述べましたので、薄毛に対しても効果が期待できます。


ただし、一度薄毛になってしまうと、毛根から髪を作り出すサイクルがおかしくなっているので、改善は白髪やハリ、コシの場合以上に厄介です。そうならないためにも、若いうちから青汁を飲んでいただいて、薄毛のリスクを減らしていただくことお勧めします。

なお、青汁は薬ではありませんし、遺伝的な要素も薄毛にはありますので、100%防ぐことは難しいです。あくまで、その可能性を減らしそうなもの、という認識でいてください。


この章のまとめ
  • 白髪の原因は、メラニン不足、過酸化水素過剰、髪の栄養不足の3要素が大きい
  • ハリやコシが失われるのは血行不良や女性ホルモンの分泌不足などが影響する
  • 食事や生活習慣の改善によってある程度髪の質の低下を防ぐことが可能
  • 髪を抜くなど刺激を与える方法はNG
  • 総合的にケアをするためには、青汁に含まれる成分が効果的である
  • 青汁は薄毛にも効果があるが過剰な期待はしないこと




みんなが選ぶ、青汁の人気ランキング!

神仙桑抹茶ゴールド
神仙桑抹茶ゴールド
デトックス効果の高い桑の葉や緑茶、シモンを主原料としているため、ダイエッターにおすすめの青汁です。青汁らしからぬ、お茶のような渋みのある味わいが特徴です。


黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
自然豊かな北海道原産のクマイザサに、約40種の植物エキスを配合した寒天タイプの青汁です。食物繊維の力ですっきりお腹へ。黒糖風味で味も美味しく、プルンとした食感も楽しめます。

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁
大麦若葉・明日葉・クマザサなどの青汁原料に加え、フルーツ・野菜エキスを配合した飲みやすさ満点の青汁です。すっきりお腹に嬉しい栄養がギュッと詰まっているので、便秘やダイエット中の方におすすめです。