アレルギーでお悩みの方は要チェックです!

くしゃみや鼻水、肌荒れ・・・青汁でアレルギーによる辛い悩みを解消!



花粉症やじんましんなど慢性的なアレルギー症状で悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。アレルギー薬を使用してもなかなか改善しない、あるいはその薬に慣れてしまってなかなか効かなくなってしまっている。

そのような中で、体質からアレルギーを改善できればより快適に生活を送ることが可能になるのかと思います。ここではこうしたアレルギー体質の改善に青汁が効果的だということをお示しして、飲用をお勧めするものです。


アレルギーの原因や種類について



まず、アレルギーとはどのようなものなのかについて簡単におさらいをしておきます。ご自身の症状がアレルギー反応なのか、ひょっとするとそれ以外の病気なのかによっても対応が変わってくると思います。

アレルギーの原因

まず、どうしてアレルギーが起こるのか、その原因を考えます。アレルギー反応は、細菌やウィルスなどが体を攻撃するときのダメージではありません。逆に、本来人間の体が持っているそれらに対する防御機能が過剰に作用してしまい、それが症状となって現れます。「過剰な免疫反応」だと解釈してください。

そして、その過剰な免疫反応の原因となる物質を「アレルゲン」と呼びます。同じアレルゲンが存在しても、人によってアレルギー反応が出る人と出ない人がいます。アレルギー反応が出ない人は免疫機能が正常に作用しているということです。


例えば、同じスギの花粉が大量に舞っている中を歩いていても、花粉症の人は激しく症状が出ますが、花粉症でない人は全く平気なのはその免疫機能の働きの差異によるものです。

アレルギーが現れる要因として

・遺伝要素
・環境要素


の2つが相互に関連していると考えられています。「ぜんそくの家系」などというものも存在していて、家族にぜんそくの人がいるとなりやすいということもあるようです。

ただし、それだけで決定されるわけではなく、環境、つまりアレルゲンが多いところで生活していると、それに対するアレルギーも出やすいというのも事実です。スギが多い環境で生活していると花粉症になりやすくなります。

アレルギーの症状

過剰な免疫反応によるアレルギー反応はさまざまな症状として現れます。代表的なものを以下に記します。

①皮膚炎(アトピー性皮膚炎)
小さなお子さんによく出る皮膚炎として有名です。食べ物などによることが多く、赤く腫れあがる症状が出ます。特に手足や腕などに激しいかゆみをもたらします。

②気管支ぜんそく
アレルゲンを吸い込むことや激しい運動などによって、ぜんそくの発作が起きます。

③アレルギー性鼻炎
花粉症やハウスダストなどによって引き起こされます。鼻水が止まらなくなる、鼻が詰まる、くしゃみが止まらないなどの症状です。

④じんましん
体中に発疹ができます。かゆみがひどく、チクチクと感じることもあります。食べ物や金属などに反応して症状が出る場合が多いです。

⑤目のかゆみ
主に花粉症などによって起きます。涙が止まらない、かゆくて目を開いていられないなど非常に辛い症状です。

⑥アナフィラキシーショック
アレルギーの症状の中での重篤で最も注意しなければいけないものです。心拍数が上がり動悸が激しくなる、脈拍や血圧が低下し呼吸困難に陥ってしまいます。

最悪、命に関わることもある重大な現象です。ハチに刺された時のショック症状をイメージしていただくとわかりやすいです。


代表的なアレルギー症状は以上ですが、誰がどのアレルゲンで発症するのかはわからず、アレルゲンの特定に時間がかかる場合もあります。


アレルギーの予防、対策について



アレルギーを予防して症状を緩和していくためには、いくつかの方法があり、それらを合わせて行っていくことが大切です。代表的な取り組みを書きます。

アレルゲンに触れない

布団を干して、ダニを駆除する。花粉の多い環境に入らない、マスクなどで防御するなど物理的にアレルゲンに触れないようにする取り組みです。何はなくともこれが大切になります。

アレルゲンを食べない

食べ物にアレルギーがある場合は、それを食べないことが大切です。人によっては複数の食べ物にアレルギーがある場合があり、食事の改善は非常に面倒ですがこれは避けては通れません。

牛乳がアレルギーの場合は、代わりに豆乳を飲む、砂糖がアレルギーの場合はハチミツを使うなど、できるだけ同じような味のする食べ物に変えるという方法も必要になります。お子さんが学校に通っている場合は、給食の配慮が必要になる場合もあるかもしれません。

ストレスを減らす

ストレスが強いとアレルギーが出やすくなるといわれています。アレルギーだけではなくストレスは万病の元でもあり、できるだけストレスのない環境で生活することが必要になります。

抗アレルギー物質の摂取

体内でアレルギー反応を抑える成分を含む食品を食べることで、アレルギーが出にくくなります。

具体的には

①SOD酵素
②ビタミンB群
③ビタミンC
④乳酸菌
⑤DHA、EPA


などが有効であるといわれています。これらを摂取することで、アレルギー反応が起きる免疫反応を抑制することが可能です。

お酒、たばこを控える

過剰な飲酒や喫煙は、アレルギー反応を強めてしまうことがあります。可能な限りこれらを控えていただくことをお勧めいたします。

抗アレルギー薬

医師からアレルギーの薬を処方してもらいます。これはよく効きますが、体が慣れてしまう可能性があり、眠気などの副作用もあります。花粉症やじんましんの薬は基本的に同じものです。


青汁を飲み続けることで、アレルギー症状が緩和する!



このようにアレルギーについて理解を深めていただいたところで、青汁の話です。青汁の含まれている成分はアレルギーの症状を緩和し、予防するのに非常に効果的です。

具体的に青汁の成分を見ていきましょう。

食物繊維

青汁に含まれる食物繊維は便秘の解消などに効果的ですが、腸内の環境を整えることにも役に立ちます。実は人間の免疫機能を司る細胞は腸に集中していて、ここの状態を正すことで、免疫機能を正常化させてアレルギーの予防につなげることができます。

βカロチン

皮膚や粘膜を丈夫にします。アトピー性皮膚炎やじんましんなどの湿疹をこれで抑制することが可能です。ただし、免疫機能を高めるわけではないので、かゆみなどを抑える役割になります。

亜鉛

免疫機能を高くしてくれます。免疫機能が高くなる=免疫機能の過剰ではないので注意してください。過剰反応を抑制することにつながる有効な成分です。

ビオチン

皮膚の炎症を鎮める働きがあります。やはりかゆみなどを減らすことに役立ちます。

ビタミンB群

ビタミンB2やビタミンB6は抗アレルギー作用があり、免疫機能が高くなります。青汁にはこれらが豊富に含まれているため非常にお勧めです。

ビタミンC

美白成分として有名ですが、これによって肌をきれいにすることができます。アトピーやじんましんの腫れが薄くなるといった効果が期待できます。

SOD酵素

シミなどの原因となる活性酸素を抑制することで知られているSOD酵素ですが、活性酸素を抑制する抗酸化作用は、アレルギーに対しても効果的です。活性酸素は腸内に多く発生するので、それを抑制することで免疫機能を高めて、アレルギーに対して効果が出ます(食物繊維と同じです)。


このように、青汁にはアレルギーに対して効果的な成分が豊富に含まれていることがわかりました。是非ともどんどん飲んでください、といいたいところですが、注意していただきたいことがあります。

青汁自体にアレルギーがある人もいるかもしれないことです。青汁の原料となっている野菜のどれかにアレルギーがあるのか、青汁の成分にアレルギーがあるのか、あるいは、アレルギーと似ている症状として、体の毒素などを排出される際に一時的に体調がおかしくなり、発疹などが出る「好転反応」なのかわからないケースがあります。


青汁を飲んで何か異常があれば、医師の診察を受けてください。何も症状がなければ、少しずつ量を増やしながら様子を見ましょう。青汁の成分から考えると、アレルギーを抑える方向に作用するはずです。

この章のまとめ
  • アレルギーは免疫機能が過剰に作用することによって起こる
  • アレルギー症状はさまざまにあるが、場合によっては命に関わるものもあり軽く見てはいけない
  • アレルギーを予防するためには、アレルゲンに触れない、食べない、免疫機能を正常にするなどの方法がある
  • 青汁に含まれる成分の中にはアレルギーを抑える効果のあるものが多い
  • 青汁自体にアレルギーがある可能性があるので、飲む際は注意が必要


みんなが選ぶ、青汁の人気ランキング!

神仙桑抹茶ゴールド
神仙桑抹茶ゴールド
デトックス効果の高い桑の葉や緑茶、シモンを主原料としているため、ダイエッターにおすすめの青汁です。青汁らしからぬ、お茶のような渋みのある味わいが特徴です。


黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
自然豊かな北海道原産のクマイザサに、約40種の植物エキスを配合した寒天タイプの青汁です。食物繊維の力ですっきりお腹へ。黒糖風味で味も美味しく、プルンとした食感も楽しめます。

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁
大麦若葉・明日葉・クマザサなどの青汁原料に加え、フルーツ・野菜エキスを配合した飲みやすさ満点の青汁です。すっきりお腹に嬉しい栄養がギュッと詰まっているので、便秘やダイエット中の方におすすめです。