青汁で思春期ニキビや大人ニキビの改善はできる?

青汁で思春期ニキビや大人ニキビの改善はできる?



ニキビは思春期特有のものと思われがちですが、実際のところは大人になってからもでき、そのほうがなかなか消えず厄介です。外部からの薬などでも消えますが、体の内側からニキビができにくいようにすれば、より不安なく生活を送ることができます。

ここでは、ニキビ対策と青汁について考えていきたいと思います。


ニキビについて

ニキビとは一般的に、皮膚の毛穴に皮脂が詰まってそこに、アクネ菌という細菌が繁殖して炎症を起こしてしまいます。その後、放置すると、皮脂、アクネ菌の混合物が空気中の酸素と化合して、酸化し黒くなってしまいます。

さらにこの状態を放置してしまうと、膿を持ってしまい、アクネ菌だけではなく黄色ブドウ球菌などの細菌も繁殖してしまい、化膿が進行し、最終的にはニキビ跡として消えずに残ってしまうことになります。ニキビ跡はぼこぼことしていて、一生消えない傷になってしまうこともあり、早めに対処することが必要です。

ニキビができる原理は以上のようになりますが、なぜそうなるかは思春期と大人とでは微妙に異なります。


思春期のニキビのでき方



ニキビは皮脂が毛穴に詰まることでできると書きましたが、思春期のニキビは男性ホルモンの分泌が活発になることで、皮脂が過剰に分泌されニキビとなってしまうケースが多いです。

男性ホルモンといっても男性だけに分泌されるものではなく、ホルモンの種類と考えましょう(男性のほうが多いのが事実です)。思春期は体が成長する時期ですので、ホルモンバランスが不安定になることがあります。


その過程で男性ホルモンが過剰になってしまい、皮脂が多く分泌されることで毛穴に詰まり、ニキビができてしまいます。

ただし、これが原因の場合は、体の成長が終わる10代後半には自然とおさまってきます。多くの場合は、ニキビ跡なども残らずにきれいになりますが、あまりに大きなニキビの場合は跡が残るケースもあります。ひどいニキビができた場合は治療をする必要があります。

基本的にこの時期は肌の新陳代謝も活発なため、ニキビができても一定期間が経過すると消えて、きれいになるケースが多いです。

思春期の赤ら顔について

思春期のニキビと関連して赤ら顔というのがあります。これは、顔全体が赤みを帯びてしまう現象で、当人にとってはとても恥ずかしいものです。

原因はニキビによる炎症や、ニキビ跡が残ってしまうことによります。ニキビが目の周囲にできることはあまりありませんので、それを除く顔全体が赤くなってしまいます。何だか田舎者のようで、なるべくなら避けたい状態ですね。

対策については次の項で述べたいと思いますが、ニキビそのものをきれいに消すことが不可欠になります。赤ら顔になってしまう原因の1番はニキビですが、そのほかの原因で起きる場合もあります。

・乾燥肌、敏感肌
・紫外線の影響
・アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎
・毛細血管拡張症(血管が拡張して戻らなくなる)

といった現象によっても赤ら顔になります。これらの場合はその原因をやはり除去する必要があります。赤ら顔はこのような原因で起きる、顔が赤くなる現象の総称を指すことだとお分かりいただけたかと思います。


大人のニキビのでき方



大人になってできるニキビもそのメカニズムは同様です、皮脂が毛穴に詰まって、そこにアクネ菌が繁殖してできます。

しかし、思春期のニキビと違うのは、思春期は成長に伴ってホルモンが乱れるというある意味避けられないことであるのに対して、大人の場合、通常、ホルモンバランスは安定しています。その状態で皮脂が詰まってしまうことは、何らかの原因でホルモンバランスがおかしくなってしまっていること、つまり健康上の問題を抱えていることの表れでもあります。ニキビは体調不良の信号でもあるというわけです。

大人ニキビの原因

なぜ大人になってから皮脂が過剰に分泌され、ホルモンバランスが崩れてしまうのでしょうか。さまざまな要因が考えられますが、大きくは以下のようなことだといわれています。

①ホルモンバランスの乱れ

生活習慣がおかしくなっている、十分に睡眠がとれない、過労気味、ストレスといったことでホルモンのバランスがおかしくなります。働いているとなかなかそのような習慣も改善しづらく、そのホルモンバランスの乱れを正しにくいということがあります。


加えて以下の要素がニキビを消えないことに拍車をかけます。

①メイクなど、お肌への刺激
②洗顔料のすすぎ残し
③偏った食生活
④生理
⑤乾燥肌(肌バリア機能の低下)

特に女性の場合、日常的に化粧品などを使ってお肌に刺激を与えています。それがかえってニキビを悪化させてしまうこともあります。また、生理は女性特有のものですが、これが女性ホルモンを乱してしまい、ニキビを悪化させてしまうこともあるようです。


■思春期ニキビと大人ニキビの違い・まとめ

思春期ニキビ 大人ニキビ
特徴
  • 皮脂を伴い顔全体にできる
  • 赤みを帯びたニキビができやすい
  • 次第に落ち着いてくる
  • 顎や頬などUゾーンにできやすい
  • 乾燥肌なのにできる
  • 繰り返し同じ個所にできる
  • 原因
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 皮脂や汚れの取り残し
  • 食生活
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 過度な洗顔
  • 間違ったスキンケア
  • 肌の乾燥

  • 大人ニキビが治りにくい原因



    大人になってからのニキビが治りにくいのには原因があります。

    ①ホルモンバランスの乱れの改善が難しい

    ストレスや生活習慣の改善をすればいいといっても、実際に働いているとその職場そのものが原因となっている場合も多いです。仕事や人間関係を改善していくのは容易なことではなく、厳しい環境を受け入れながら生きていかなければならないのもまた現実です。

    原因となっている場面の転換が難しいというのが、大人ニキビを治りにくくさせています。

    ②新陳代謝の鈍化

    思春期のニキビの場合は、多少できたところで肌の新陳代謝(ターンオーバー)機能によって、すぐに消えてなくなります、肌の細胞は新陳代謝を行っているため、一定期間が経過すると細胞が入れ替わります。傷がついたり、できものができたりしても自然と消えてなくなるのはそのためです。

    加齢とともにその新陳代謝機能が弱くなります。これが1度できたニキビやニキビ跡がなかなか消えずに残ってしまう、ということで大人ニキビを厄介なものにしています。


    大人ニキビは、この2つの要素を解決しないと、予防、治療が難しいというわけです。


    ニキビを改善、予防するためには



    ニキビに対するケア方法は年代やその症状によって異なります。

    思春期のニキビについて

    ホルモンバランスの乱れは仕方がないことですので、あわてずに丁寧に皮脂を落とすことを心がけましょう。ニキビ用の洗顔料なども市販されていますし、通常の石鹸でも構いません。顔が脂っぽいと思ったら、洗顔をしてきれいにしましょう。

    もともと、ターンオーバー機能は十分になりますので、原因となる皮脂さえつまらないようにすればかなり改善できます。

    また、ニキビ用の塗り薬などを塗ってもOKです。思春期向けに販売されているもので構いません。この時期のニキビはそれほど心配する必要はありません。

    ニキビが予防できれば、少なくともニキビに起因する赤ら顔も防ぐことができるはずです。

    大人のニキビについて

    大人ニキビが厄介だということは上で書きました。基本的に、ホルモンバランスが正常になるように生活習慣やストレスの改善が不可欠になります。合わせて、ターンオーバー機能が低下しているので、ニキビのステージ別に対応が必要になります。

    1.初期

    肌におうるおいを与えるために、保湿ケアを行ってください。この段階ではまだ皮脂があまり詰まっていないので十分に改善が可能です。

    2.白ニキビ

    ニキビとして肉眼で確認できる状態です。皮脂が詰まりつつあります。外科的に治療するとともに、女性ホルモンが増えるような食事をするといいでしょう。エストロゲンやイソフラボンが多く含まれる食事がベターです。

    3.黒ニキビ

    ニキビが酸化して黒くなっています。この段階では、ターンオーバーを促すビタミンB群や、美白作用のあるビタミンCを積極的に摂取する必要があります。

    4.赤ニキビ

    ニキビが炎症を起こしてしまいました。この段階ではステロイド軟膏や抗生物質が必要になります。食事での予防、改善が難しくなっている状態です。これを放置するとニキビ跡が残ってしまいます。

    5.黄ニキビ

    ついにニキビが化膿してしまいました。抗生物質もより強力なものが必要になり、レーザー治療なども併用する必要があります。男性ホルモンを低下させる薬も強力なもの。副作用も危惧されます。

    6.紫ニキビ

    血も交じってしまう最終段階です。治療しても跡が残る場合が多く、特殊なレーザーなどを使うことになります。この段階に至ると食事でどうこうという段階ではありません。

    日常生活や栄養の改善で何とかなるのは黒ニキビの段階までです。そうなる以前に必要な栄養を摂取して、生活を改善していくことが不可欠です。


    青汁はニキビや赤みの改善に効果的です



    ニキビ(特に大人ニキビ)を改善していくためには、皮脂の分泌を減らすために

    ①新陳代謝を活発にする
    ②ホルモンバランスを整える


    ことが不可欠だとわかりました。合わせて黒ニキビにならないように、

    ③抗酸化作用(酸化反応が起きないようにする)

    があればより好ましいことになります。


    そこで青汁の効果について考えていきましょう。青汁にはその原料となる野菜によって若干の違いはありますが、

    ・ビタミンB群
    ・ビタミンC
    ・食物繊維


    などが豊富に含まれます。

    ビタミンB群

    ビタミンB群はニキビには非常に効果的な栄養素で、皮脂の分泌や脂肪の分解をコントロールする役割があります。皮脂が過剰に分泌されなければニキビはできないわけですので、非常に効果的だということがわかります。

    ビタミンC

    ビタミンCは化粧水などに配合されていることからわかるように、美白効果があり、また酸化しにくくする抗酸化作用があります。黒ニキビになることを防いでくれるというわけです。

    食物繊維

    食物繊維はご存じのとおり便秘解消に効果があります。便秘になると老廃物が排出されにくくなり、ニキビを悪化させてしまう可能性があります。それを防いでくれるというわけです。


    さらに、青汁にはホルモンバランスを整える働きもあります。青汁に含まれるビタミンEやマグネシウムがそれに該当します。男性ホルモンの暴走を抑えることができれば、皮脂の過剰分泌もおさまります。

    このほかの成分もニキビの改善には効果的です。もちろん、思春期の人が飲んでも全く問題ありません。ニキビそのものの予防にもつながりますし、赤ら顔のリスクも減らすことができます。

    年代を問わず、青汁を飲んでいただくことでニキビの改善に役立てることができます。ただし、青汁は薬ではないので、あくまで改善する方法の1つだと思ってください。悪化するようなら病院へ行き治療を受けてくださいね。

    まとめ
    • ニキビの直接的な原因は、皮脂が毛穴に詰まりそこに菌が繁殖して起きる
    • ホルモンバランスの乱れが皮脂の分泌を促進させる
    • 肌の新陳代謝機能が弱いとなかなか治らない
    • 大人になってからのニキビのほうが治りにくく厄介
    • 青汁の成分には新陳代謝を改善し、ホルモンバランスを整える



    みんなが選ぶ、青汁の人気ランキング!

    神仙桑抹茶ゴールド
    神仙桑抹茶ゴールド
    デトックス効果の高い桑の葉や緑茶、シモンを主原料としているため、ダイエッターにおすすめの青汁です。青汁らしからぬ、お茶のような渋みのある味わいが特徴です。


    黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
    黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
    自然豊かな北海道原産のクマイザサに、約40種の植物エキスを配合した寒天タイプの青汁です。食物繊維の力ですっきりお腹へ。黒糖風味で味も美味しく、プルンとした食感も楽しめます。

    すっきりフルーツ青汁
    すっきりフルーツ青汁
    大麦若葉・明日葉・クマザサなどの青汁原料に加え、フルーツ・野菜エキスを配合した飲みやすさ満点の青汁です。すっきりお腹に嬉しい栄養がギュッと詰まっているので、便秘やダイエット中の方におすすめです。