毎日青汁を飲むだけで美白対策ができる?

毎日青汁を飲むだけで美白対策ができる?



美白を維持することは女性にとっては大切なことです。化粧水やクリームなどを使って美白成分を補ってあげることも重要ですが、外部から添加物を塗ることについては不安が残る人もいます。できれば健康的に体の内側から美白成分を与えてあげたいものです。

ここでは青汁が美白対策になるということについて順を追って説明いたします。


シミやくすみができるメカニズムについて

美肌の大敵であるシミやくすみといったものができるメカニズムについて、まず理解を共有しておきます。


シミのできるメカニズム



シミは複合的な要因によってできますが、大前提として紫外線から肌を守るためにできるメラニンという黒い色素がそのまま肌に沈着することが原因です。どうしてシミができるのか、大きくは次の3つの要素が挙げられます。

1.紫外線が肌に当たる

肌の細胞が紫外線に当たると、その刺激で細胞核などが破壊され肌にダメージが与えられるだけでなく、皮膚がんなどの原因にもなりますが、人間の体はそれを防ぐためのメカニズムとして紫外線をブロックするためのバリアを張ります。

このバリアがメラニンという黒い色素です。メラニンはチロシンというアミノ酸から生成されます。チロシンは肌を守る役割だけでなく、人間にやる気を生み出す脳内のホルモンの原料になります。チロシンが足りないとうつ病などの精神疾患になりやすいのです。

チロシンからメラニン色素が作られるためには、活性酸素という肌にある酸素が酸化する必要があります。酸化反応で黒くなるのはご存じのとおりですが、メラニン色素が黒く沈着するのは、この活性酸素の酸化反応です。

2.ターンオーバーが鈍る

通常、人間の肌はシミができても(それ自体は紫外線から肌を守るための正常な作用です)、一定期間が経過すると消えます。それは肌の細胞が新陳代謝を行い、新しい細胞と入れ替わるからです。これを「ターンオーバー」と呼びます。

若い人はこのターンオーバーが正常に行われるため、シミができてもすぐに消えますが、加齢とともにその機能が鈍っていきます。メラニン色素が沈着した後、ターンオーバーが不十分なためシミとして残ってしまいます。

3.ストレスなどの要因がある

シミができる場合、紫外線以外の要素も関係します。ホルモンの乱れやストレス、ニキビなどの炎症によっても、黒ずみができ、なかなか消えないことがあります。特に美容にとって必要なメラトニンなどのホルモンが乱れると、抗酸化作用が弱くなるなど悪影響が出ます。

このような原因がある場合、シミは紫外線を防いでも予防することはできません。紫外線だけではなく複合的な要因が重なって、シミは広がっていきます。


シミやくすみを予防、除去するためには



シミなどの原因は紫外線のほか、ホルモンの乱れなどがあることがわかりました。予防し、改善するためには以下のような方法が必要になります。

紫外線を防ぐ

直接的ないちばんの原因である紫外線にあたらないようにします。日傘をさす、日陰を歩く、UVケアの化粧品を使うなどして紫外線の刺激を受けない=メラニン色素が作られないようにするのがまず大切です。

ビタミンCの摂取

ビタミンCにはメラニン色素が作られることを予防する、活性酸素の働きを抑制する効果があります。ビタミンCは水溶性で体の中に取っておくことができません。日常的に食べ物などから補ってあげる必要があります。

メラニン色素ができないようにするためには、活性酸素の働きを抑制する作用=「抗酸化作用」がある成分が必要になります。

新陳代謝を活発にする

肌のターンオーバーを活発にする必要があります。適切な睡眠や運動によって新陳代謝を促すことで、肌の細胞分裂を活発化させ、美白へと導いていきます。

ホルモンバランスを整える

新陳代謝とも関係しますが、ホルモンバランス、特に女性ホルモンが正しく分泌されることで、肌を美しくできます。生理中や妊娠中はこれが乱れがちになりますし、不健康な生活が続くと慢性的にホルモンバランスがおかしくなってしまいます。これを正す必要があります。

外科的施術

ケミカルピーリングやレーザー治療など外科的にシミなどを除去します。最終的な方法ですが、お金もかかりますし、下手な人の治療を受けると逆に跡が残るなどのケースもあります。

このような複数の方法を組み合わせて、原因を取り除くことで美白対策を行います。


青汁でシミ、くすみ対策ができる?



本題の青汁になります。青汁は薬ではありませんので即効性を期待するものではありません。青汁の成分が美白によいということがあり、継続的に飲むことで予防効果につなげます。

紫外線を防ぐ以外で、シミ・くすみの予防につながることは

①メラニン色素を作らせないようにする
②ターンオーバー(新陳代謝)の加速
③ホルモンバランスの正常化

ですが、それが青汁のどの成分が影響するのか見ていきましょう。

メラニン色素を作らせない成分

シミの元でもあるメラニンは、抗酸化成分によって発生を抑制することも可能です。青汁に含まれる抗酸化成分は、具体的には、ビタミンC、ビタミンE、SOD酵素などが該当します。

SOD酵素とは、もともと人間の体内にある、強力な抗酸化作用を持つ成分ですが、これが加齢とともに減っていきます。青汁の中にはこのSOD酵素が豊富に含まれていますので、減った分を補うことが可能です。


また、ルテイン、ゼアキサンチンという同じように強力な抗酸化作用を含む野菜もあり、青汁のいちばん有名な原料であるケールなどにこれが多く含まれています。

抗酸化作用が強力とはいっても、青汁は食品ですので、健康維持に必要な活性酸素まで抑えてしまうことはありません。効果はマイルドだと考えてください。

ターンオーバーを促進する成分

一度シミなどができてしまっても、ターンオーバーが正常に機能すればすぐに消えてしまいます。このターンオーバー=新陳代謝機能を回復させる成分も青汁には豊富に含まれています。

具体的には葉酸、ビタミンE、ビタミンB2などがそれに該当します。細胞の新陳代謝機能が活発になることで、肌をいつも新しい状態に保つことができます。

また、青汁に含まれる食物繊維によって便秘が解消しますので、老廃物の蓄積を防ぐことができ、肌にそれらが溜まることなく新陳代謝がスムーズに行われることになります。ターンオーバーが正常に行われることで、古い角質は剥がれ落ちますので、シミを予防することが可能です。

ホルモンバランスを正常化する成分

青汁に含まれるビタミンEや亜鉛、カルシウム、マグネシウムなどによってホルモンバランスが整います。

ホルモンの乱れを予防するとともに、美容に効果的なホルモンの分泌を促します。安眠効果もありますので、深い睡眠で健康的にホルモン分泌を促すことができます。青汁を飲むことで、自然な形でホルモンバランスを整えることができるでしょう。

ホルモンは微量であっても、健康に与える影響が大きいものです。薬やサプリで補おうとすると過剰になってしまい、かえって悪影響が出てしまう可能性もあります。青汁ならば、野菜という健康的な食品からホルモンバランスを改善するので、安心して美白対策ができますね。


以上のような3つの効果から、青汁によってシミ・くすみなどを予防し、美白効果が期待できるというわけです。

まとめ
  • 美白のために、肌の抗酸化作用を高めることが必要
  • 青汁を飲むことで、ターンオーバーが整ってシミを作らせない!
  • 青汁は薬ではないので、美白効果はマイルドで体への負担は少ない



みんなが選ぶ、青汁の人気ランキング!

神仙桑抹茶ゴールド
神仙桑抹茶ゴールド
デトックス効果の高い桑の葉や緑茶、シモンを主原料としているため、ダイエッターにおすすめの青汁です。青汁らしからぬ、お茶のような渋みのある味わいが特徴です。


黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
自然豊かな北海道原産のクマイザサに、約40種の植物エキスを配合した寒天タイプの青汁です。食物繊維の力ですっきりお腹へ。黒糖風味で味も美味しく、プルンとした食感も楽しめます。

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁
大麦若葉・明日葉・クマザサなどの青汁原料に加え、フルーツ・野菜エキスを配合した飲みやすさ満点の青汁です。すっきりお腹に嬉しい栄養がギュッと詰まっているので、便秘やダイエット中の方におすすめです。