女性に多い貧血や冷えの悩みを青汁が予防・改善します!

女性に多い貧血や冷えの悩みを青汁が予防・改善します!



女性の中には貧血や冷え性に悩んでいる人が多いかと思います。血のめぐりがよくないことで体は冷えてしまいますし、そのための血液が少なければ当然貧血になってしまいます。

ここでは、こうした症状を改善するために1つの方法として、青汁を継続的に飲んでいただくことを提案します。


女性の約2割は貧血に悩んでいる

日本の女性の約2割が貧血気味だといわれています。厚生労働省の調査によると

女性中学生 8%~15%
女子高校生 15%~17%
成人女性  約17%

に貧血の疑いがあります。2割に迫る数字です。なぜこんなに貧血気味の人が多いのでしょうか。

貧血の原因



そもそも貧血とは血液中に含まれる、赤血球やヘモグロビンが不足している状態です。赤血球やヘモグロビンには酸素を運搬する役割がありますので、これが不足していると体のいたるところが「酸欠」になります。これによって体調不良が引き起こされます。

赤血球やヘモグロビンが作られにくくなってしまう理由として、その原料である鉄分やビタミンB、葉酸などが足りていないことが挙げられます。

特に貧血でも多いのが鉄分不足による「鉄欠乏性貧血」です。これが貧血全体の7割を占めます。葉酸不足による貧血はより深刻な症状になる場合があります。


なぜ貧血になるかといいますと、

①摂取不足:鉄分などを補給できない
②必要量の増加:妊娠などによってお腹の赤ちゃんにも血液が必要になる
③喪失量の増加:月経などの出血

の3つから血液が足りなくなります。女性に貧血が多いのは、このうち②と③によるところが大きいのです。妊娠や月経は女性特有のものです。妊娠していなくても毎月月経は来るわけですので、やはり血液は不足気味になります。


貧血の症状



貧血になると立ちくらみをして倒れてしまう、というイメージがありますが、必ずしも症状はそれだけではありません。どこが酸欠になるかによっても症状が変わりますし、複合的に症状が重なることもあります。

①頭が貧血になる

よくイメージされる貧血の症状です。立ちくらみ、めまい、最悪の場合失神してしまいます。脳に血液や酸素が行きわたらないために意識がおかしくなってしまいます。

②筋肉が貧血になる

体を動かすためにも酸素は必要です。これが少なくなると、肩こりやだるさ、疲労が取れないなどの症状が起きます。

③心臓が貧血になる

心臓は血液を体に送り出すポンプの役割をしています。貧血になるとそれだけ酸素を供給するために、心臓に負担がかかります。

これによって、動悸や息切れ、胸の痛みなどが起きます。

そのほかにも酸素が体に行きわたらないため、新陳代謝も悪くなり、肌荒れや抜け毛などが起きる場合もあります。実際の貧血では、このような症状が合わせて起きるために、非常に辛いのです。


貧血を改善するためには



貧血を改善するためには、血液の元を補給するしかありません。特に女性の場合は、月経は避けられないものであり、より意識して鉄分などを摂りいれることが必要になります。具体的には以下のような方法が必要になります。

1.鉄分多い食事

鉄分を補給するためには、鉄を食べろというのではありません。鉄瓶などで沸かしたお湯には鉄分が溶けることもありますが、あまり一般的ではないです。やはり食べ物から補給することが必要です。

鉄分が多い食べ物は

①レバー
②葉物野菜(小松菜、ホウレンソウなど)
③海藻類

などになります。レバーは鉄分以外の貧血の原因である葉酸も多く含むため、貧血改善には効果的なのですが、妊婦さんが食べ過ぎるとお腹の赤ちゃんに悪い影響があるという研究もあり、注意が必要です。

2.バランスのよい食事

直接的には鉄分多い食事が必要ですが、それだけでは不十分です。鉄分を血液に変えるためのエネルギーが必要になります。具体的にはタンパク質やビタミンB12、葉酸などがそれに該当します。

バランスのよい食事をしながら、鉄分が多いというのが大前提になります。基本的にはできることは食事の改善になりますが、1点注意していただきたいことがあります。

過剰なダイエットはNG

特に日本の女性にいえることなのですが、ダイエット志向が強く、事実痩せすぎの人が多いのです。これは先進国の中でも日本の女性が特出しているといわれています。

食べなければ痩せますが、痩せすぎは不健康です。鉄分なども必要量は摂取できません。サプリ等でこれらを補えばいいではないか、という意見もありますが、体の土台が不健康だとさまざまな面でデメリットが生じてしまいます。

痩せている人は貧血にもなりやすいといわれていますし、鉄分などが足りていない人も多いのです。過剰なダイエットをせずに、食事を改善することが貧血予防の前提になるということを憶えておいてください。


貧血が原因で冷え性になることも



女性の悩みとして貧血のほかに冷え性があります。体が冷えるだけだとたいしたことはないではないか、と甘く見る人もいますが、冷え性によって体の不調が起きます。体が冷えている=カロリーが消費されていないということですので、活動するためのエネルギーがないのです。

これによって、めまいや偏頭痛などの症状として出る場合もあります。また、睡眠障害や精神の不安定などメンタル面でもデメリットがあります。


冷え性にもさまざまな原因がありますが、貧血によっても引き起こされるケースがあります。貧血によって血のめぐりが悪くなるため、体温が下がってしまいます。また、鉄分不足=ヘモグロビン不足によって、ヘモグロビンの体温維持機能が正常に働かなくなり、体が冷えてしまいます。

貧血による冷え性は、貧血自体が改善されないとよくなりません。まずは、その根本である貧血を何とかすることが大切になります。


青汁で貧血や冷え性の予防、改善をしましょう



貧血やそれに伴う冷え性の改善には、鉄分などを食事によって補給することが必要になりますが、なかなかすぐにうまくいくというものでもありません。特に一人暮らしの会社員の人などはどうしても栄養が偏ってしまいます。

そこでお勧めなのが青汁です。青汁はケールや大麦若葉、小松菜などの葉物野菜のジュースです。これはその栄養素的に非常に貧血に効果があります。

1.鉄分

上で書いたように小松菜やホウレンソウなどの葉物野菜には鉄分が豊富に含まれます。青汁の原料に多いケールなども同様に鉄分を多く含みます。凝縮された状態で鉄分を補うことが可能です。

2.葉酸

鉄分と並んで貧血の原因となる葉酸不足も青汁によって解消できます。やはり、葉物野菜には葉酸が多く含まれています。

3.ビタミンC

ビタミンCは鉄分の吸収を助けます。同じだけの鉄分を摂取しても、ビタミンCが少ないと血液にあまり変換できません。青汁の原料の野菜にはビタミンCも豊富なので、効果的に鉄分の吸収を助けます。

このように、青汁は貧血の解消にはうってつけの飲み物になります。毎朝1杯、あるいは食事と一緒にという形で手軽に貧血解消のサポートに役立ちます。


ただし、青汁だけで貧血を解消しようとせず、あくまでプラスαのオプションとして継続的に飲むという姿勢のほうがいいと思います。青汁の飲みすぎにも副作用はあるようです。

まずは、少しずつ飲み始めていただいて、その効果を判断していただくのがよいかと思います。

まとめ
  • 女性の2割近くが貧血気味だというデータがある
  • 女性は月経や妊娠などによって貧血になりやすい
  • 貧血の原因は鉄分や葉酸の不足など
  • 青汁には貧血を予防・解消する効果がある




みんなが選ぶ、青汁の人気ランキング!

神仙桑抹茶ゴールド
神仙桑抹茶ゴールド
デトックス効果の高い桑の葉や緑茶、シモンを主原料としているため、ダイエッターにおすすめの青汁です。青汁らしからぬ、お茶のような渋みのある味わいが特徴です。


黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
自然豊かな北海道原産のクマイザサに、約40種の植物エキスを配合した寒天タイプの青汁です。食物繊維の力ですっきりお腹へ。黒糖風味で味も美味しく、プルンとした食感も楽しめます。

すっきりフルーツ青汁
すっきりフルーツ青汁
大麦若葉・明日葉・クマザサなどの青汁原料に加え、フルーツ・野菜エキスを配合した飲みやすさ満点の青汁です。すっきりお腹に嬉しい栄養がギュッと詰まっているので、便秘やダイエット中の方におすすめです。