青汁選びでお悩みの方は必見です!

青汁は健康だけでなく美容にも嬉しい飲み物なんです!



青汁を買おうと思いネットで探してみると、想像以上に種類が沢山あってびっくりした!なんて方も多いのではないでしょうか。

青汁と一口に言っても、メーカーによって使われている野菜は様々で、摂取できる栄養素やカロリー、味はそれぞれに大きく異なります。

何を基準で青汁を選べば良いのかわからない・・・という方のために、ここでは青汁を選ぶ上で最低限チェックしたい3つのポイントについて簡単にお話します!


青汁を選ぶ上で必ずチェックしたい3つのポイント


(1)原材料・栄養素

青汁には、普段の食事ではあまり馴染みのない野菜や植物が原材料として使用されています。代表的なもので言えば、ケールや大麦若葉、明日葉などですね。

ケールは野菜の王様と言われるほど、栄養素が豊富に詰まった野菜です。大麦若葉は、食物繊維やビタミン・ミネラルをバランス良く含んだ植物で、明日葉はカルコンという特有のポリフェノールが摂れると話題の植物です。

自分に不足しがちな栄養は何なのか、摂取したい栄養素が摂れる原材料かどうかに注目すると良いでしょう。

(2)味

青汁は「まずい!」と先入観をお持ちの方も多いと思いますが、最近の青汁はずいぶんとおいしくなり、子供でも飲みやすいものがほとんどです。しかし、原材料によっては未だ飲みにくい青汁も存在します。

野菜の青臭さが苦手という方は、ハチミツ入りの青汁や桑の葉や大麦若葉、クマザサを主原料とした青汁をおすすめします。

特に桑の葉青汁は、ケールのようなクセは全くなく、緑茶や抹茶のようなすっきりとした味わいが特徴的なので、毎日無理なく飲み続けることができますよ。

(3)コスパ

毎日飲むものですからコスパは重要ですよね。安すぎたら品質に疑問を持ってしまうし、高すぎたら長期的に続けられません。

青汁は、1杯90~100円前後で飲めるものが一般的ですので、この価格を目安に青汁を選んでみてください。


当サイトでは、そんな青汁の魅力についてご紹介いたします。栄養満点で美味しい青汁を探している方は、下記のランキングをぜひ参考にしてくださいね。


青汁の人気ランキング

神仙桑抹茶ゴールド
神仙桑抹茶ゴールド
桑の葉やシモン、緑茶を主原料とするヘルシーな青汁です。デトックスに嬉しい栄養が詰まっているので食生活が乱れがちな方や野菜不足が気になっている方にぜひおすすめしたい青汁です。また、青汁らしからぬ深みのある味わいにファンも多く、国際銘茶品評会で金賞を受賞するほどです。


黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ
クマイザサ粉末に約40種の植物発酵エキス、寒天や乳酸菌を配合した今話題の青汁粉末ジュレです。発酵成分と水溶性食物繊維の力で腸内を健やかに。プルンとした食感が楽しいゼリータイプなので、おやつ感覚で味わえる大人気商品です。


サンスター粉末青汁
サンスター粉末青汁
大麦若葉・ケール・明日葉・モロヘイヤ・ブロッコリーと100%国産野菜5種を原料に使用した贅沢な青汁です。1袋10gと量も大変ボリューミー。1杯で1日分の野菜不足が補えちゃいます。栄養満点な上、食品添加物不使用な点も嬉しいですね。健康のために本格的な青汁をお探しの方におすすめです。



1日350gの野菜、きちんと食べてますか?



みなさんは、野菜は毎日しっかりと食べていますか。

現代は洋食文化が進んだことから、私たちは日本食に豊富なビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養が不足してきています。


これら栄養素は野菜に多く含まれていますが、現代人は、仕事が忙しくて外食ばかりになってしまったり、ダイエットのために食事を抜いたりするなどして、乱れた食生活を送っている方が多いと思います。

特に、野菜は意識しないと中々食べる機会がありませんよね。そんな現代人の野菜不足を補うのに「青汁」が効果的な飲み物だと言われていることをご存知でしょうか。


ここでは、野菜の必要性から青汁の有効性について、詳しく見ていきたいと思います。


1日に必要な野菜とは?



厚生労働省が発表した「世紀における国民健康づくり運動:健康日本21」では、1日に摂取すべき野菜の量は350g以上であるとしています。

毎日、このくらいの野菜を食べることで、体に必要なビタミン類や食物繊維、カルシウムなどのミネラルがバランスよく補えると言われています。

しかし、350gと言われてもあまりピンと来ませんよね。350gとはいったいどのくらいの量なのでしょうか。


わかりやすく言うと、生野菜の場合は両手山盛り分が350gほどです。これを聞いた人の中には「あれ、それだけでいいんだ」と感じる人もいるでしょう。

しかし、私たちが普段食事で摂る野菜の量は、平均で250gだと言われています。私たちは、サラダを食べて満足してしまいがちですが、生野菜は嵩が増しますから、実際はそう多く摂取できていないのです。


野菜不足を解消する方法とは?



上記のような健康トラブルを防ぐ為には、何はともあれ野菜不足を解消しなくてはなりません。もちろん、その為には「野菜を食べる」ことが手っ取り早い解決策なのですが、効率よく栄養を摂取できる「理想的な食べ方」というものがあります。

理想的な野菜の食べ方とは?

野菜不足を解消するには、毎食意識して野菜を食べることに尽きます。しかし、ただ野菜を沢山食べれば良いという訳ではありません。

野菜と言ってもきゅうりやトマトだけを350g食べていればOKという訳ではありません。野菜にもさまざまな種類がありますから、最低でも1日5種類以上の野菜を摂取するのが理想的です。


また、野菜にはホウレンソウやニンジンなどの緑黄色野菜と、白菜や玉ねぎなどの淡色野菜がありますが、バランス的には緑黄色野菜を120g、淡色野菜を230gを目安に食べるのが望ましいとされています。

生野菜も良いですが、煮たり炒めたりして嵩を減らして、できるだけ野菜を多く食べられるように工夫したいところです。


しかし、中には野菜が苦手であまり食べられないという方もいますよね。そういった場合は、普段の食事に以下のアイテムをプラスして「野菜の栄養」を補ってあげることが大切です。

野菜の栄養を補う4つの方法はこれ!



1.野菜ジュースで補う!

市販されている野菜ジュースの中には、「1日分の野菜が摂れる」などと言うフレーズで興味をそそられる商品もありますよね。その多くは緑黄色野菜を中心に配合されたものであり、100%濃縮タイプもあれば、飲みやすく果汁がブレンドされたものなど様々あります。

スーパーやコンビニで購入することができますので、最も手軽に栄養をチャージできるというメリットがあります。


しかし、ジュースに加工する際に加熱調理が行われるため、熱に弱い栄養素の一部が損なわれている可能性もあります。また、飲みやすくアレンジされたものは糖分を多く含んでいる為、カロリーが気になるところ。


2.グリーンスムージーで補う!

グリーンスムージーとは、野菜や果物をジューサーなどで生絞りしたフレッシュな飲み物です。海外セレブやモデルさんが愛飲しているとのことで、爆発的なブームとなりましたよね。

綺麗な人が飲んでいるのだから、美容にも良いはず!と、チャレンジした方も多いのではないでしょうか。

好きな野菜や果物をブレンドすることができますので、自分の好みの味や欲しい栄養をピンポイントで摂取できるのが魅力です。しかし、購入した野菜をカットし、ジューサーで手作りするのは思っている以上に大変なもの。

また、果物にも多く糖分が含まれているものもありますので、健康やダイエットの為には食材の栄養価について正しく理解しておく必要があります。


3.サプリで補う!

今では様々なサプリが販売されていますよね。ビタミン類はもちろん、ミネラルや食物繊維など、野菜に含まれる栄養素がサプリで簡単に摂取することができます。野菜の風味が苦手だという方でも安心して飲めるでしょう。

しかし、これらを摂取するには1日に何十種類と飲む必要が出てきますので、面倒かつ飲み忘れの危険性があるというデメリットもあります。

また野菜の栄養素をひとつにまとめたサプリもありますが、安いものだと加工するのに余計な添加物が含まれることもありますので商品選びは慎重にならなくてはなりません。


4.青汁で補う!



青汁とは、ケールや大麦若葉などの野菜を特殊な製法で絞り出した飲み物のことです。野菜の青葉には、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれており、最も効率良く野菜の栄養を摂取できる健康食品と言えます。

近所のスーパーなどでは一般的に売られていない、栄養価の高い野菜を使用して作られているため、野菜を食べるよりもバランスよく様々な栄養を摂取することができます。


「まずい」というイメージが根強くつきまとう青汁ですが、最近の青汁は味にも定評があることをご存知でしょうか。抹茶風味や緑茶風味のもの、はちみつが加えられて甘くお子様でもゴクゴク飲めてしまうものなど色々な味が楽しめます。

粉末を溶かして飲むタイプが主流で、忙しい朝でも手軽に取り入れられますし、選び方さえ間違えなければ、今までのイメージを180度覆してしまうほど味わい豊かな青汁を発見することができるでしょう。


青汁は、上で挙げた方法に比べて健康や美容に与える効果が高いと言われており、以前に増して注目を集めるようになりました。その点については、当サイトで詳しく紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

野菜不足を解消する方法のまとめ

  • 毎日たくさん野菜を食べることが大切。
  • 野菜が足りていない場合は、補う努力を。
  • 効率的かつ健康的に野菜を補うなら青汁が一番。

 青汁のおすすめ人気ランキング